ホーム | 連載 | 2007年 | プレ百周年特別企画=ブラジル農業界への日系貢献のシンボル=コチア産組=新社会の建設=創設者の光と影=下元健吉没後50周年=外山 脩(フリー・ジャーナリスト) | ブラジル農業界への日系貢献のシンボル=コチア産組=新社会の建設=創設者の光と影=下元健吉没後50周年=連載《第17回》=派手な恰好の職員を一喝=「組合員は土まみれだ」

ブラジル農業界への日系貢献のシンボル=コチア産組=新社会の建設=創設者の光と影=下元健吉没後50周年=連載《第17回》=派手な恰好の職員を一喝=「組合員は土まみれだ」

プレ百周年特別企画

2007年10月19日付け

 「怒鳴られながらも、彼を親父さんと慕い、身命を賭しても、という気持ちを従業員達に抱かせた」
 下元の、こういう魅力が一九三〇年代末からの、産青連運動を成功させ、組合内外に下元を慕う若者を増やした。
 その中には、終戦後、テロ旋風が吹き、下元が狙われているという噂を聞くと、その自宅に泊まり込んで護衛に当たった者もいる。
 その若者たちも、今日では、生存者は少なく、しかも八十、九十……若くても七十代になっている。が、五十九歳で死んだ下元を「親父」と呼んで懐かしむ。
 元職員・高柳清氏は、現在八十代半ば。若い頃はバストスに居って、野球の選手として知られていた。一九四一年、十八歳のときサンパウロへ出てコチアに就職した。以下、同氏談。 
 「コチアに入るときは、親父が面接してくれた。ブラーボな=怒りっぽい=人という噂を聞いていが、そうでもなかった。良い人だと思った。組合の従業員としての心構えをいろいろと話してくれた。
 当時、従業員は三百人足らずだった。アニャンガバウーの中央市場のコチアの販売所の鶏卵部に配属された。夜はレウニオン=会議=をしたが、そこへ親父が月に一度やってきた。
 当時、吊りズボンが流行っていて、従業員の一人が本物の鰐皮のズボン吊り、派手なスーツ、ネクタイ、靴下、鰐皮の靴という身なりでおった。
 それを見た親父が注意した。ところが、その従業員が口答えした。すると親父は本気で怒った。『組合員が、そういう派手な姿を見たら、どう思うか。彼らは土まみれで働いているのだ!』と。
 私が組合に入ったその年、日本が戦争を始めたが、そのとき私はスザノの倉庫=事業所=にいた。従業員は五、六人だった。そこへも親父が月一回まわってきた。親父は我々に『こういう時期だから、組合員は君たちが守ってやってくれ』と。『ハイ承知しました』と普通に答えると『そんな返事では駄目だ』と。で、気合を入れて『任してください!』と言うと、『その返事ならよろしい』と。それから『本部の方は我々が守るから、倉庫は君たちが守ってくれ』と。
 親父は、コチアのためとなると一生懸命になったし、組合員を守ることに徹底していた。倉庫に来ると『組合員が抜け売りしても、直ぐには除名するな。抜け売りするには、それだけの事情があって、しているのだ。生産者は大変なのだ。彼らがよく判るように説得せよ』と。
 親父は話をするとき、前置きなしで本題に入ってしまう癖があったが、説得力があった。聞いていて、私は感動した。
 親父にはユーモラスな一面があった。本部の駐車場に車を入れようとして、横の車をこすった。それを見ていた従業員が『アッ、親父がこすった』と冷やかした。親父は『向こうの駐車の仕方が悪い』と頑固に言い張っていた。が、事務所の二階に上がって行って、マカコ=猿=というあだ名のブラジル人の従業員に、こすった車を修理屋へ持って行くように言っていた。その様子が、ひどくユーモラスだった」
(つづく)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》大気汚染が51%減少=コロナでバスの本数減で2020年9月23日 《サンパウロ市》大気汚染が51%減少=コロナでバスの本数減で  エネルギー環境研究所(Iema)が22日、パンデミックのせいでバス運行本数が減ったため、サンパウロ市の二酸化炭素排出量が52%も減ったと発表したと同日付現地サイトが報じた。  国際ノーカーデーにちなんで発表されたのは、4月の平日の大気汚染の状態を、パンデミック前の2月の平日 […]
  • 東西南北2020年9月23日 東西南北  新型コロナウイルスの感染爆発の最中に評判が上がった企業のひとつに、家具や電子電気機器の小売業者マガジネ・ルイーザがある。これまでも、「外出自粛期間中の従業員解雇なし」「ネット販売の送料無料」「コロナ対策への巨額寄付」などが話題となっていたが、同社は現在、「黒人のみを対象とした […]
  • JICA=日系社会リーダー育成事業=中南米研修生25人参加(下)=新時代の統率力とは2020年9月23日 JICA=日系社会リーダー育成事業=中南米研修生25人参加(下)=新時代の統率力とは  最終日にクリーク・アンド・リバー社の松永雄さんが、日本文化として世界で広く普及される「アニメ」を中心にポップカルチャーを紹介。日本だけでなく海外人気も高い「ワンピース」「ナルト」「鬼滅の刃」などでも作品中でリーダーシップについてわかりやすく描かれているそう。スライドに […]
  • ■社告■トランスフォーリャ社が契約解消=PDF版への乗り換えを推奨2020年9月23日 ■社告■トランスフォーリャ社が契約解消=PDF版への乗り換えを推奨  大サンパウロ都市圏以外の地域の本紙配達を委任してきたトランスフォーリャ社が、10月1日から契約を解消すると通告してきた。大サンパウロ都市圏の多くは、本紙のモトケイロが直接に配達しているので変更なし。  ただし、トランスフォーリャ社が担当してきた地域は、来週後半から郵便に切り […]
  • 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に2020年9月22日 《サンパウロ市》本のビエナーレは12月に=初めてのヴァーチャル版に  2年に一度、サンパウロ市で開かれる本の祭典「ビエンナーレ」が、史上初のヴァーチャル版で開催される事になった。今年のビエンナーレは12月7~13日に開催される。  ビエンナーレは第26回目で、10月に開催されるはずだった。新型コロナの感染拡大に伴う外出自粛などで、今年 […]