ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2008年2月20日付け

 まだ少し先の話だが、三月末に薬値上げの発表がある。インフレ率などから考えて、血圧の薬、抗生物質、糖尿病治療薬、ホルモン剤や避妊薬などは四・七二%、目薬や注射薬は三・六八%、パテント扱いの薬は二・六三%の値上げ予想だという。値上げ幅は昨年よりも大きくなる見込み。
     ◎
 十七日午後、サンタカタリーナ州で時速一五〇キロの竜巻発生。家屋二棟が全壊、十軒が屋根を飛ばされたりした。竜巻は約二十分で終ったが、三〇平方キロで被害が報告され、女性一人が軽いケガ。また、最近の大雨で、ゴイアスでは橋が流され三人が死亡。トランスアマゾニア五一〇キロ地点でも深さ五〇メートルの大穴。聖州でもジャンジーラでバイク一台と車三台が濁流に流された他、各地で洪水の報告。落雷や倒れた塀による死者や、強風で割れた地下鉄の窓ガラスで二人がケガをしたとの報も。自然の力は恐ろしい。
     ◎
 十七日、フォス・ド・イグアスーからクリチバへ向かう飛行機が一時間以上遅れて出発した。乗客が乗り込んでから到着した連警の警部が持ち込んだ荷物が、規定重量を一六二キロもオーバーしていたため。警部は「俺を乗せずに出発したら、機長かTAMの責任者を逮捕するぞ」と脅していたという。権力の乱用にしか見えないが、荷物が密輸品ということは?
     ◎
 先日、大統領がらみの経費で水増し請求の記事が出たが、今度は聖州知事。二〇〇二年の選挙時の経費の調査で浮かび上がってきたもの。中央を震源にした地震は、当初こそ小さいと思われたのに段々と地方へと広がっている。公的資金を不正融資したかどで、ピッタ前聖市長には四年の刑の言渡しもあったが…。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]