ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 あと2週間ほどでクリスマスになるが、9日付アゴラ紙によると、今年の子ども向けのプレゼントとして、武器のおもちゃが流行しているという。主な要因としては、子どもたちの間で「アベンジャーズ」などのスーパーヒーロー映画が影響力を持っていることが大きいが、奇しくも、今年は「銃自由化」を訴えるジャイール・ボウソナロ氏が大統領に当選した年でもある。平和団体「ソウ・ダ・パス」によると、「本物の銃の売上も選挙前から上昇傾向にあり、16年から17年にかけては15%増えていた。おもちゃで人気が出たのは世相の反映」だとか。購入よりも、その後の教育が大事になりそうだ。
     ◎
 8日付本面で報じた、1977年にマドリッドで5人を殺害し、サンパウロ市バラ・フンダで逮捕されたスペイン人テロリストのカルロス・ガルシア・フリア容疑者。その後の情報によると、同容疑者は1991年にスペインの刑務所の恩赦を利用する形でパラグアイに逃亡し、ボリビア、アルゼンチン、ベネズエラなどを転々とした後、2001年頃からブラジルで生活。逮捕される前まではベネズエラ人に成りすまし、ウーベルの運転手をやっていたという。
     ◎
 7日付本面でも報じた、サンパウロ大都市圏オザスコのスーパー「カリフール」で、野良犬を追い払おうとして金属製の棒でケガをさせた警備員が、ことの巨大化を前に、「大いに反省している」と市の警察官に語ったという。同氏は「上司からの命令だった」と述べ、「それほど負傷しているとは気がつかなかった」そうだが、相手が動物であるのを忘れてしまったのか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年1月11日 東西南北  9日付本面で、ボウソナロ大統領が圧力をかけた形で、国立再生可能天然資源環境院(IBAMA)のスエリ・アラウージョ院長が辞任したという話を書いたが、そのIBAMAが9日、2012年に自然保護区で釣りを行ったことでボウソナロ大統領に課していた罰金1万レアルを帳消しにした。IBAM […]
  • 東西南北2019年1月9日 東西南北  7日、ブラジリアの洋服店の店員が連邦検察庁に対し、ダマレス・アウヴェス人権相に対する捜査を求めた。事の発端は4日、この店員がつとめている洋服店にダマレス氏が青い服を着て現れたことだった。前日に同氏が「男の子は青い服、女の子はピンクの服を着るべき」と言ったビデオが流れていたのを […]
  • 東西南北2019年1月10日 東西南北  サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長が、何人かの局長の入れ替えを行った。その中で最も注目されているのは、エドゥアルド・アレッシャンドレ・シュナイデル氏に代わって新たに迎え入れられた、新教育局長のジョアン・クリ・ネット氏だ。クリ氏は、マルシオ・フランサ前サンパウロ州知事時代に […]
  • 東西南北2019年1月5日 東西南北  3日のSBT局でのインタビューで、ボウソナロ大統領は、かねてから1月中に発すると噂されている銃に関する大統領令では、銃の所有だけでなく、銃の携行も容易にする意向を表明した。同大統領によると、銃使用はあくまで正当防衛の時のみに限るとし、犯罪の多い地域では携行しやすい状況にすると […]
  • 東西南北2019年1月8日 東西南北  ボウソナロ大統領が4日、大統領選の決選投票で争ったフェルナンド・ハダジ氏とツイッター上で口論を行い、話題となった。事の発端は、ドイツのメディアが昨年のブラジル大統領選を「非知性主義の勝利」と評した記事をハダジ氏がシェアしたのに対し、ボウソナロ氏が「刑務所の囚人の操り人形」が「 […]