ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本日報じたように、出馬を諦め、後継大統領候補としてメイレレス前財相に期待したテメル大統領。本来ならトップ・ニュースのはずだが、事前から噂が立っていたことも手伝い、報道の扱いは小さいものに。それよりも、トラック業界の起こしたデモによる混乱の方が、報道陣も国民も関心が高いという結果になってしまった。また、メイレレス氏の出馬はMDB党内の意見を二分するまでに至っている。出馬目当てで直前に党に移籍してきた上、それで負けたら野党落ちの危機まであるとなったら、以前からの党員から不満の声があがるのも無理はないか。選挙より、党の内乱の方がむしろ気になる。
     ◎
 22日、最高裁第1小法廷は、現在自宅で服役中のサンパウロ市元市長パウロ・マルフ被告に対し、2010年の下院議員選挙での身分査証偽造容疑に関して有罪判決を下した。この罪で刑期はさらに2年9カ月延びることになり、これまでの7年9カ月と合わせて10年6カ月の服役となる。同被告は当初、ブラジリアの刑務所に服役していたが、86歳と高齢の上に癌を患っていることなどから自宅軟禁に切りかわっている。だが、その服役方法にも疑問を投げかけられている最中だ。
     ◎
 22日のサッカーのリベルタドーレス杯、クルゼイロはアルゼンチンのラシンに2―1で勝利し、決勝トーナメントに進出した。これで今年の16強にはパルメイラス、サントス、コリンチャンスのサンパウロ州勢三つに加え、グレミオ、フラメンゴ、クルゼイロの計6チームがブラジル勢として名を連ねた。2年連続のブラジル勢優勝も夢じゃない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • フラメンゴ=大型補強を立て続けに敢行=DF、MF、FWとセンターラインに代表クラスを揃える2019年1月11日 フラメンゴ=大型補強を立て続けに敢行=DF、MF、FWとセンターラインに代表クラスを揃える  今年のブラジルサッカーマーケットは、いつになく高額の引き抜きが発生している。  サンパウロFCが同じブラジル国内のチーム、アトレチコ・パラナエンセからFWパブロを2660万レアルの移籍金で獲得し、パルメイラスも、エジプトのピラミッドFCからFWカルロス・エドゥアルド […]
  • 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と2019年1月9日 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と  現在のブラジルサッカー界は、まだシーズンオフだ。だが、各州の選手権やリベルタドーレス杯が本格化しはじめるまでのこの束の間の間こそが、フロントにとっては最も忙しい時期となる。向こう1年間の戦力補強のための貴重な時期だからだ。ここでは、ブラジルリーグで目立つ補強についてみていく。 […]
  • リベルタドーレス杯=7日から決勝トーナメント=16チーム中、13チームが優勝を経験2018年8月8日 リベルタドーレス杯=7日から決勝トーナメント=16チーム中、13チームが優勝を経験 南米一のクラブを決めるリベルタドーレス杯が、W杯に伴う中断期間後、約1カ月半振りに再開した。7日から始まったのは、グループリーグを勝ち残った16チームによる決勝トーナメントだ。今年は例年以上に強豪揃いとなっている。  16強の顔ぶれの豪華さは、現在残っている16チーム […]
  • 東西南北2018年7月18日 東西南北  テメル大統領と上下両院議長がいずれも職務で国外に出たため、カルメン・ルシア最高裁長官が17、18日に大統領代行を務める。同長官の大統領職代行は3度目だ。一部の国民は、カルメン氏が最高裁長官としての業務を遂行できない間の代行が予想されるトフォリ副長官が、逮捕中のルーラ元大統領を […]
  • 東西南北2018年5月19日 東西南北  18日付アゴラ紙によると、今年はサンパウロ市で結膜炎(コンジュンチヴィテ)が流行しているという。結膜炎の特徴は、目が赤くなり、目ヤニが多発することなどだが、市の調べによると、今年は5月14日の時点で684件の症例が確認されているという。昨年の同時期は102件だったから、その数 […]