ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本面で報じたように、いまひとつ盛り上がりに欠けた9日の大統領選のテレビ討論会。だが、その参加者中、ツイッターで最も話題になったのは、ボルソナロ氏でもアウキミン氏でもなく、泡沫候補のカボ・ダシオロ氏だった。「パトリオッタ(愛国者)」党候補の同氏は、話の中で頻繁にイエス・キリストの名前を出し、聖書の一説を読んだ上、「この国が今直面していることは愛の不足だ」と発言、この言葉がちょっとした流行にまでなっている。事前の知名度も政見放送の持ち時間もなく、今後の討論会への参加も微妙な、彼のような候補にとり、今回の参加は知名度アップには役立っただろう。次に目立つ機会はあるか。

     ◎

 7月28日にサンパウロ市北部トゥクルヴィ駅で、新バスターミナルがオープンした。だが、現在はわずか1路線のバス(107T10)のみの発着で、市民が驚いている。建設当初の宣伝では、「19路線を取り扱う」という約束だったのに、できたターミナルそのものも、バスが4台しか入れないような構造になっているという。地下鉄1号線の北の終点駅に隣接するターミナルだが、サンパウロ市側は果たしてどういう運営がしたいのか。

     ◎

 9日のサッカーのリベルタドーレス杯。フィリポン新監督が率いるパルメイラスは、敵地でのセーロ・ポルテーニョ戦で2―0と快勝。再来週の第2戦を前に幸先よいスタートを切った。2得点を決めたボルハは、アトレチコ・ナシオナルに在籍中の一昨年、準決勝以降の4試合で5得点と大暴れでチームを優勝に導いている。今大会でも既に8得点を挙げており、相性がよい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年10月5日 東西南北  選挙直前になって連日のように世論調査の結果が発表されている。既に本面でも書いているように、ボルソナロ氏とハダジ氏の2人を軸にした展開で、少し前まではそこまで差がなかった、ジェラウド・アウキミン氏、シロ・ゴメス氏、マリーナ・シウヴァ氏は苦しい展開に。もっともこの3人、ネット上の […]
  • 東西南北2018年7月31日 東西南北  ブラジルでは現在、大統領選に向けた党大会の真っ最中だ。次の日曜の5日までが開催期間だが、ほとんどの大統領候補はいまだに副候補が決まっていないのが現状だ。大型連立に成功したジェラウド・アウキミン氏は、たくさんの支援政党の中から誰を選ぶのかが注目されるし、少数政党の人気候補ジャイ […]
  • 東西南北2017年4月4日 東西南北  ラヴァ・ジャット作戦で疑惑の政治家として名前をあげられて以来、14年大統領選時の勢いを落としている観が否めないアエシオ・ネーヴェス氏だが、それは世論調査にも現れている。先日も少し触れたパラナー・ペスキーザという調査団体が行った18年大統領選のアンケートでは、PSDB候補がアエ […]
  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月30日 東西南北  サンパウロ市市長選に立候補しているギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)が、ボルソナロ大統領を批判したとして、連邦警察から事情聴取を受けることになるという。また、インタビュー中に「ボルソナロ、辞めろ」と叫び、話題となった女子ビーチバレー選手のカロル・ソルベルグが、 […]