ホーム | 日系社会ニュース | 多彩なサンベルナルド百周年=2百人出席して開幕式典=6月に日本文化週間を開催=笠戸丸広場にモニュメントも

多彩なサンベルナルド百周年=2百人出席して開幕式典=6月に日本文化週間を開催=笠戸丸広場にモニュメントも

ニッケイ新聞 2008年2月27日付け

 サンベルナルド・ド・カンポ市日本移民百周年の開幕式典が二十日午後六時半から、同市庁舎「パッソ・ムニシパル」で開かれ、関係者約二百人が訪れた。同市では五、六月を中心に二十以上の記念イベント・事業を計画。〃百年分〃、三万六千本余りの木を植えるプロジェクトや、市内の「笠戸丸広場」再整備、日本文化イベントなど、その内容は多岐に渡っている。記念マスコットも独自に製作するなど、まさに市を挙げた取り組みだ。推計の日系人口約三千家族、聖郊有数の日系社会を誇るサンベルナルドでも、百周年が始まった。
 連邦政府、聖州・市での百周年開幕を受けて開かれたこのたびの式典には、ウィリアン・ディブ市長、市関係者、同地の日系団体代表など多数が出席。サンパウロ総領事館の丸橋次郎首席領事、百周年記念協会の今泉ヨシオ理事など、聖市からも来賓が訪れた。
 同市百周年組織委員会の南洋行委員長(市企画局長)が年間の行事・記念事業計画を紹介。それに先立ち、「日伯交流最初の百年間に汗と涙で築いてきた日本移民の歴史を、子孫として誇りに思う」と述べ、「サンベルナルド市、日系社会が力を合わせ、皆の記憶に残る百周年にしたい」と決意を語った。
 同市在住の佐藤のりこさん、池田チヨコさんから来賓に、百周年の行事プログラム、記念品などが入った風呂敷包みを贈呈。
 丸橋領事に続いてあいさつに立ったディブ市長は、ブラジルについて何の情報を得る術もなかった百年前に海を渡り、ブラジル人とともに歩み、困難と闘いながら伯国発展に貢献した、と日本移民への賛辞を送った。そして、同市への最初の入植者、日系市議などの名前を挙げるとともに、「サンベルナルドの建設に尽した一人一人に祝福の言葉を送りたい」と語った。
 会場では、NHKドラマ「ハルとナツ」の一部が上映されたほか、地元の漫画家、ジュアレス・コレアさんが製作した記念マスコット「ユキ(Yuki)」も紹介された。胴着を着ておじぎする男の子のデザインで、南委員長の孫がモデルになっている。名前の「ユキ(行き)」には「歩みを続ける」といった意味が込められているという。

サンベルナルド百周年=行事カレンダーを発表=〝百年分〟の植樹はじまる

 サンベルナルド百周年の目玉の一つ、植樹事業は、一日一本として百年分、三万六千五百二十本の木を市内各所に植えるもの。二十四日には市内最高所のピッコ・デ・ボニーリャで第一回目の植樹が行なわれた。
 日本文化週間「Japao em Sao Bernardo」は五月三十一日から六月八日まで開催。記念式典は五月三十日に予定されている。このほか六月十三日に「Noite da Gala da Integra cao Cultural Brasil-Japao」と題した文化イベントも実施。五月には南かなこさんのコンサートも行なわれる。
 市内の「笠戸丸広場」に同船を模したモニュメントを、市役所前の広場に百周年記念碑を建てるほか、瑞穂文協敷地内にある姉妹都市の山口県徳山市(現・周南市)の名を冠した「徳山広場」の再整備、市内にある日本庭園「周南市庭園」を改修計画などもある。
 また、六月十二~十四日には、神戸からサントスに渡った「友情の灯」が、十三、十四日にはリベルダーデ歩こう友の会の「移民百年の道ウォーク」が同市を通過する予定。
 この他にも、市内学校で日本文化に関する授業を行なうなど、イベントにとどまらない幅広い内容となっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 移民110周年記念して顕彰=笠戸丸表彰を110個人・団体へ=日系社会発展への貢献称える2018年8月9日 移民110周年記念して顕彰=笠戸丸表彰を110個人・団体へ=日系社会発展への貢献称える  ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会(呉屋春美祭典委員長)は「笠戸丸表彰」の表彰式を、24日午後2時から文協大講堂で開催する。節目の年を記念して、日系社会の発展や日伯両国の関係強化において顕著な貢献をした110の個人と団体を称える。  全伯から187の推薦を受け […]
  • ブラジルの鳥を日本画で=「芸術の道」出展の脇坂さん2006年5月11日 ブラジルの鳥を日本画で=「芸術の道」出展の脇坂さん 2006年5月11日(木)  聖市で十七日から開催される美術展「Caminhos […]
  • 在聖総領事館=百歳以上の高齢者表彰=申請締め切り6月1日2015年5月19日 在聖総領事館=百歳以上の高齢者表彰=申請締め切り6月1日  在聖日本国総領事館が老人の日の記念行事として百歳以上の長寿者を対象に高齢者表彰を行なうにあたり、該当者の調査を行っている。なお既に表彰を受けた人でも、百歳以上の高齢者の有無につき調査の為に連絡を受け付けている。締切り6月1日。 高齢者へ感謝の意を示すと共に、高齢者福祉への […]
  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]
  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]