ホーム | 日系社会ニュース | 侍たちがサントスに着いた=二天武道研がパフォーマンス

侍たちがサントスに着いた=二天武道研がパフォーマンス

ニッケイ新聞 2008年4月9日付け

 サントス港埠頭で五日、二天武道研究所(岸川ジョージさん主宰)による「日本の侍(さむらい)たちがサントスに着いた」の記念イベントが行なわれた。日本移民百周年を記念したパフォーマンスで、サントス市スポーツ観光局が全面的に協力した。およそ、二百人くらいの市民が会場を訪れ、興味深々に〃出演者〃たちを見つめて、拍手を贈った。
 パフォーマンスは、百年前、笠戸丸から侍たちが埠頭に降り立った、という場の再現だった。日本人移民を侍に見立てたのである。侍に扮したのは、二天武道研究所の道場の会員たち五十人。なんとブエノス・アイレス、サルバドール、ブラジリアからも集まった。それぞれが自分たちの羽織、袴を着用し、「気持ちはすっかり侍」だった。所要時間は約二十分。そのあと、埠頭で古武道、剣術、柔術の演武が披露された。
 イベントを実行したシジアルタ・レゼンデさん、斎藤みどりさんによれば、もちろん侍が来たはずはなく、二天武道研究所は「侍の精神をもった日本人が百年前、着いた」ということを表現したかった。
 パフォーマンスとは別に、二天側からサントス市当局に対し、侍たちが日本刀を手渡す儀式も行なわれた。続いて、日伯両国国旗がそれぞれ、交換された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]