ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2008年4月26日付け

 二十三日未明、聖州サンジョゼ・ド・リオ・プレットで、三両編成の貨物列車の一両が脱線、転覆。積荷のディーゼルに火がつき、爆発、炎上した。鎮火には一時間を要したが、機関士たちは火災が発生する前に逃げ出し、人的被害はなかった。工業活動、車のほか、火災や焼畑による煙も相当な大気汚染源。
     ◎
 聖市では二十六日十八時から二十七日十八時まで、ヴィラーダ・クルトゥラウが予定されており、地下鉄や近郊電車(CPTM)、バスは夜通し運行となる。日曜・祭日のみに使えるビレッテ・アミゴン(八時間の間にバスを四回使える)は、二十六日に限り、午後四時から利用できる。プログラムについては、www.viradacultural.orgまで。各種のショー、展示などを楽しめる。
     ◎
 聖州プレジデンテ・プルデンテの私立大学構内の職員住宅で、九歳の男児が首を絞められたうえ、ナイフで二突きされて死亡。仕事から帰ってきた父親が発見したが、扉と窓ガラスが壊されていたという。埋葬は二十四日に行われたが、ショックを受けた両親は葬儀の途中で気分が悪くなり、二人とも入院。殺人の後、盗難も起きているかは現時点では不明。
     ◎
 二十四日、リオのグアナバラ湾内では、寒波や地震の余波などの影響と見られる高波が起き、約二百人が乗った船舶を襲った。被害にあった船舶は、湾内航行中、エンジンを止めたりして被害を避けようとしたが、三メートルの波が襲ってきた時には、客室にも水が流れ込み、前部甲板のアルミ扉も壊れた。同船舶では少なくとも一二人が負傷。日ごろは穏やかな湾内の高波は沿岸の道路も洗い、船舶の航行も四時間ほど、中止された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]