ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 1日のネットは、コロナ検査キット用献金が、ミシェレ大統領夫人が代表の政府プログラムにこっそり回されていた報道で湧いた。これで「ミシェキ」のあだ名が再び盛り上がっている。このあだ名は、同夫人がラシャジーニャ疑惑の渦中にあるファブリシオ・ケイロス容疑者から謎の小切手(シェッキ)を受け取っていた疑惑からついたもので、最近ではロックバンド、デトナウタスが「ミシェキ」というパロディ・ソングを作って発表し、ミシェレ夫人が訴訟に動いたことが話題となっていた。ケイロス氏の支払いも、何のためで出どころはどこかの説明がしっかりされていない中、この疑惑まで浮上。ちゃんと説明を行わないと、ずっとついて回るあだ名になりそうな気も。
     ◎
 昨日付で報じた、アルゼンチンの漫画「マファルダ」作者のキノが亡くなったことを受け、「トゥルマ・ダ・モニカ」の作者マウリシオ・ダ・ソウザが追悼コメントを伯字紙に寄せた。マウリシオは「モニカとマファルダは同じ1963年に生まれた。彼女たちは南米の姉妹なんだ」と、友達である姿がしばしば描かれていた2人について語った。そして「キノはこれからも私たちの中で、より大きな存在になっていく」と、南米漫画界を代表する同僚の功績をたたえた。
     ◎
 9月30日のサッカーのリベルタドーレス杯。パルメイラスはボリバル(ボリビア)戦を5対0で圧勝。これで決勝トーナメント進出を決めた。ブラジル勢ではアトレチコ・パラナエンセ、グレミオ、フラメンゴが同トーナメント進出を決めている。一方、サンパウロは敵地アルゼンチンでリーヴェル・プレートに1対2で敗れ、脱落した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年12月17日 東西南北  サンパウロ州選挙地域裁は15日、大サンパウロ市圏エンブー・ダス・アルテスの市長選で再選したネイ・サントス氏(共和者・RP)と副候補のウゴ・プラード氏(民主運動・MDB)のシャッパの当選を無効にした。これは、労働者党(PT)などをはじめとする左派政党が起こした訴えを裁判所が認め […]
  • 東西南北2020年10月28日 東西南北  サッカーのリベルタドーレス杯決勝トーナメントの組み合わせが24日に発表された。ブラジル勢は16チーム中6チームを占めているが、今年はベスト16の試合でつぶし合うことがなく、6チーム共、他国のチームと戦う。だが偏りはあり、一方の山にグレミオ、サントス、フラメンゴ、インテルナシオ […]
  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 東西南北2021年1月15日 東西南北  13日に行われたリベルタドーレス杯準決勝第2試合で、サントスは本拠地の利をいかんなく発揮し、アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルズに3―0で圧勝。第1試合が引き分けだったため、これで決勝に進出することが決まった。ボカはチームの功労者で昨年11月に急死したばかりのマラドーナに優勝 […]
  • 東西南北2021年1月12日 東西南北  10日付アゴラ紙によると、サンパウロ市南部カンポ・リンポの市立病院ではコロナ禍の中、70人の解雇が行われていたという。サンパウロ市の公務員組合によると、解雇された70人の大半は8~12年間勤めていた人たちで、「とっくの昔に切れていた緊急契約の下で違法に働いていた」という。その […]