ホーム | ブラジル国内ニュース | ロナウジーニョ事件=「モロ法相が釈放望む?」=パラグアイの内務相がテレビで示唆

ロナウジーニョ事件=「モロ法相が釈放望む?」=パラグアイの内務相がテレビで示唆

 パラグアイで偽造パスポートなどを使い、6日に実兄と共に逮捕されたサッカーの元名選手ロナウジーニョに関し、セルジオ・モロ法相がパラグアイの内務相と連絡を取り、釈放の可能性などについて尋ねたことが明らかにされた。
 ブラジルでも9日に、モロ法相が「ロナウジーニョの事件の詳細や両人の様子を知りたい」として、パラグアイ当局に電話したことを側近が認める報道が行われていた。ブラジルメディアは、モロ法相は電話で、ブラジル政府はロナウジーニョらの件がどのように推移するかに注意を向けていることと、どのような判断をするかはパラグアイ当局が決めることだとの見解を伝えたとの側近の言葉を報じている。
 だが、パラグアイのエウクリデス・アセヴェド内務相は9日、同国のテレビ局「C9N」の取材に対し、「通話中に、ロナウジーニョと実兄アニス氏が釈放される可能性について尋ねていた」と発言。パラグアイ政府が、モロ法相の接触はロナウジーニョ釈放を望んでのものと受け止めていることをうかがわせた。
 同内務相によると、モロ法相は7日にメールを送り、ロナウジーニョとアシス氏の様子を尋ねると共に、両者の釈放が可能であるかを訊いてきたという。
 これに対し、アセヴェド内務相は「それは私が決めることではない」との返答したという。するとモロ法相が「刑務所の中は安全か」と質問してきたため、「安全だ」と返答したという。
 「どうやら、モロ氏はロナウジーニョが逮捕されたことが気に入らないようだ」とアセヴェド氏は番組内で語っていた。
 9日、パラグアイの裁判所は、ロナウジーニョの弁護人が起こした「逮捕を軟禁刑に切り替えること」を求めた嘆願書を却下。弁護士側の要求が退けられたのは2度目となる。(9日付フォーリャ紙サイト、9日付レヴィスタ・フォールム・サイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年12月10日 東西南北  本日付で報じたボウソナロ大統領に関する世論調査は、6日付ヴェージャ誌でも行っている。それによると、2022年の大統領選でのボウソナロ氏は、「ルーラ元大統領やセルジオ・モロ法相が出馬してこない限りは再選」との結果を得ている。だが、その一方で、国民の40%が「ブラジルでは民主主義 […]
  • 東西南北2020年9月17日 東西南北  今日17日から、新型コロナウイルスに伴う緊急支援金の通算第6回目の支給がはじまる。これまでのように長蛇の列となって混雑する姿は、今から想像できそう。ところが16日付アゴラ紙によると、それがなくとも、連邦貯蓄(CAIXA)銀行の前には既に行列ができている。それはCAIXAでは、 […]
  • 東西南北2020年9月15日 東西南北  この週末、13日に行われたフランスのサッカー国内リーグの対マルセイユ戦で、PSGのネイマールは、相手ディフェンダー、アルヴァロ・ゴンザレスの後頭部を叩き、一発退場となった。ネイマールによると、この選手からは人種差別的な発言をされたということで、試合後もSNSで「顔を殴ればよか […]
  • 東西南北2020年9月4日 東西南北  ネット調査団体「GPSイデオロジコ」の調査によると、1年前は極右よりだったツイッター上の政治に関するインフルエンサー(意見が影響力を持つ人)が、中道寄りにシフトしてきているという。その現象は、ジョイセ・ハッセルマン下議やウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事といった、ボウソナロ […]
  • ロナルジーニョがリオに帰宅=半年振り、軟禁先パラグアイから2020年8月27日 ロナルジーニョがリオに帰宅=半年振り、軟禁先パラグアイから  偽造パスポート疑惑でパラグアイで逮捕され、身柄を拘留されていた、かつてのサッカーのスーパースター、ロナウジーニョ。25日、兄で代理人のアシス氏と共に、自宅があるリオへ半年振りにようやく戻ってきた。   2人は3月、偽造パスポートで入国して逮捕されたが、保釈金を払い、 […]