ホーム | ブラジル国内ニュース | ロナウジーニョ事件=「モロ法相が釈放望む?」=パラグアイの内務相がテレビで示唆

ロナウジーニョ事件=「モロ法相が釈放望む?」=パラグアイの内務相がテレビで示唆

 パラグアイで偽造パスポートなどを使い、6日に実兄と共に逮捕されたサッカーの元名選手ロナウジーニョに関し、セルジオ・モロ法相がパラグアイの内務相と連絡を取り、釈放の可能性などについて尋ねたことが明らかにされた。
 ブラジルでも9日に、モロ法相が「ロナウジーニョの事件の詳細や両人の様子を知りたい」として、パラグアイ当局に電話したことを側近が認める報道が行われていた。ブラジルメディアは、モロ法相は電話で、ブラジル政府はロナウジーニョらの件がどのように推移するかに注意を向けていることと、どのような判断をするかはパラグアイ当局が決めることだとの見解を伝えたとの側近の言葉を報じている。
 だが、パラグアイのエウクリデス・アセヴェド内務相は9日、同国のテレビ局「C9N」の取材に対し、「通話中に、ロナウジーニョと実兄アニス氏が釈放される可能性について尋ねていた」と発言。パラグアイ政府が、モロ法相の接触はロナウジーニョ釈放を望んでのものと受け止めていることをうかがわせた。
 同内務相によると、モロ法相は7日にメールを送り、ロナウジーニョとアシス氏の様子を尋ねると共に、両者の釈放が可能であるかを訊いてきたという。
 これに対し、アセヴェド内務相は「それは私が決めることではない」との返答したという。するとモロ法相が「刑務所の中は安全か」と質問してきたため、「安全だ」と返答したという。
 「どうやら、モロ氏はロナウジーニョが逮捕されたことが気に入らないようだ」とアセヴェド氏は番組内で語っていた。
 9日、パラグアイの裁判所は、ロナウジーニョの弁護人が起こした「逮捕を軟禁刑に切り替えること」を求めた嘆願書を却下。弁護士側の要求が退けられたのは2度目となる。(9日付フォーリャ紙サイト、9日付レヴィスタ・フォールム・サイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年12月10日 東西南北  本日付で報じたボルソナロ大統領に関する世論調査は、6日付ヴェージャ誌でも行っている。それによると、2022年の大統領選でのボルソナロ氏は、「ルーラ元大統領やセルジオ・モロ法相が出馬してこない限りは再選」との結果を得ている。だが、その一方で、国民の40%が「ブラジルでは民主主義 […]
  • 東西南北2020年12月17日 東西南北  サンパウロ州選挙地域裁は15日、大サンパウロ市圏エンブー・ダス・アルテスの市長選で再選したネイ・サントス氏(共和者・RP)と副候補のウゴ・プラード氏(民主運動・MDB)のシャッパの当選を無効にした。これは、労働者党(PT)などをはじめとする左派政党が起こした訴えを裁判所が認め […]
  • 東西南北2020年12月10日 東西南北  8日午後、サンパウロ市で強い雨が降り、各地で水害が相次いだ。16時50分の時点で市内では20カ所で冠水が起き、11の通りが通行不能となった。また、18時10分までに倒木の通報が122件も入った。被害がひどかったのは西部で、ラッパ、リモン、バラ・フンダなどで水浸しの道や大木が倒 […]
  • 東西南北2020年12月5日 東西南北  コロナの感染再拡大により、11月30日からはサンパウロ州内全域の規制レベルが黄レベル(5段階中の3番目)となった。クリスマスが近くなったこの時期、人混みを減らすのは簡単ではない。そんな中、サンパウロ市の地下鉄とCPTM、バスの混雑状況を教えてくれる便利なアプリができた。「Su […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]