ホーム | ブラジル国内ニュース | 《フラメンゴ》CWC2位のジェズース監督、コロナ感染1次検査で陽性=症状軽く確認検査の結果待ち

《フラメンゴ》CWC2位のジェズース監督、コロナ感染1次検査で陽性=症状軽く確認検査の結果待ち

ジョルジ・ジェズース監督(Alexandre Vidal/Flamengo)

 昨シーズンの途中からフラメンゴの指揮官に就任し、チームを全国選手権優勝、リベルタドーレス杯優勝、クラブワールドカップ準優勝に導いたポルトガル人のジョルジ・ジェズース監督(65)が16日、新型コロナウイルス感染症(COVID―19)の1次検査で陽性だったことが分かった。同監督は現在、感染の有無を正式に確認するための2回目の検査の結果を待っている。
 フラメンゴが発表した声明によると、ジェズース監督はチームのメディカルスタッフの管理下にあり、「安定した健康状態」を保っている。 チームは、「新型コロナウイルスが流行中であることから、少なくとも1週間はトップチームと育成チームの練習を停止する」と発表した。
 ジェズース監督はソーシャルメディアに、「自分の健康状態は問題ありません。1カ月、2カ月、1年前と同じように感じています。1次検査は陽性でしたが、症状は出ていません。友人やフラメンゴファンの愛情に感謝したいと思います。 1週間も経たないうちに、すべてが正常に戻るでしょう。自信を持っています」と語る動画を投稿した。
 リオ州サッカー連盟は16日に、リオ州選手権を15日間中断することを発表した。フラメンゴは、「今はコロナ災禍に見舞われている繊細なタイミングであることを認識し、連邦政府、州政府、地方自治体の指示に引き続き従う」との声明を発表している。(16日付G1サイト、アジェンシア・ブラジル、17日付エスタード紙、フォーリャ紙などより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特別寄稿=ブラジル日本語センター35周年記念=日本語教育の意義と未来=さらなる教育分野への投資を=理事長 日下野良武2021年1月21日 特別寄稿=ブラジル日本語センター35周年記念=日本語教育の意義と未来=さらなる教育分野への投資を=理事長 日下野良武 【※1月16日に開催されたパネルディスカッション「ブラジルにおける日本語教育の意義と未来」の基調講演を許可を得て転載】 困難なコロナ禍で、オンライン授業が急進展  本日は、ブラジル日本語センター創立35周年を記念してのパネルディスカッションに、多くの日本語教育関 […]
  • 東西南北2021年1月20日 東西南北  パンデミックの間に一躍知名度を上げた食べ物の配達などの携帯アプリは、今や生活に欠かせない存在になりつつある。だが、それに欠かせないモトボーイ(配達員)を狙う電撃強盗が増加している。市警強盗防止班によると、2019年1月と2020年9月を比べると、モトボーイを狙った犯罪は27% […]
  • 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超2021年1月19日 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超  17日、大学入試や奨学生承認にも使われ、国内で最も重要な試験のひとつである、国家高等教育試験(ENEM)が行われた。当初の実施予定日から2カ月遅れで実施されたものの、コロナ禍の影響で試験そのものが差し止められたり、試験会場で入場を断られたりした人や、参加をとりやめる受 […]
  • 東西南北2021年1月19日 東西南北  15日から17日、3夜連続で、ボルソナロ大統領に対する抗議行動としての鍋叩き「パネラッソ」が行われた。主にサンパウロ市やリオ市などの州都で、日によって参加する市や人の数も異なったが、16日午後6時の場合は九つの州都で、「辞めろ、ボルソナロ!」などの掛け声と共にカンカンと鍋が叩 […]
  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]