ホーム | 日系社会ニュース | 移民の「第一歩」をデジタル化=「氏名」「船名」「配耕地」など10項目=ひらがなとローマ字で=「あしあとプロジェクト」=すでに70%終了

移民の「第一歩」をデジタル化=「氏名」「船名」「配耕地」など10項目=ひらがなとローマ字で=「あしあとプロジェクト」=すでに70%終了

ニッケイ新聞 2008年4月30日付け

 ブラジル日本人移民のルーツを記録に残そうと、ブラジル日本移民百周年記念協会の「移民の歴史記録あしあと委員会」(山下リジア委員長)が〇五年八月から取り組んできた乗船者名簿のデジタル化作業が、順調に進められている。すでに戦前移住者を中心に約二十万人をコンピュータに登録、現在、六〇年代前半の戦後移住者の記録作業をおこなっている。山下委員長は、「全体の七割ほどまでデジタル化した。今年末をめどに作業を終えられたら」と話している。
 「あしあと」プロジェクトは百周年記念事業の一つで、ブラジル日本移民史料館所蔵の乗船者名簿を「氏名」「船名」「配耕地」など、十数項目をデジタル化するもの。一九〇八年の笠戸丸移民から七二年までの戦後移住者の名簿をひらがなとローマ字で登録している。
 レアル銀行の協力で、将来的には、移民史料館とブラスの移民博物館に、乗船者の検索機を一台ずつ設置する予定。また、移民史料館が現在進めている所蔵史料のデジタル・アーカイブ構築事業のひとつとして、インターネットでも名前検察できるようにするという。
 ボランティアには年配の多くの一世が協力した。元委員長の島袋レダさんの叔父にあたる中林昌夫さん(85・聖市在住)は、二年ほど前から暇をみて自宅でローマ字化してきた。「読み方が複数ある苗字も多く大変だった。わからないものは仲間うちで確認した」と振り返る。
 ローマ字化にあたっては、とくに沖縄県出身者の名前の判読が難しかったため、作業には沖縄県出身者が主にあたったという。
 今後は、移民博物館所蔵の乗船者記録との照合作業をおこない、「データを正確なものにしていきたい」と山下さんは話す。
 山下さんはじめ、コーディネーター役の高田修子さん、中島恵美子さんらも「無事に作業をやりとげなくては、と責任を感じている。学術的な利用に耐えられるようなものにしたい」と意気込んでいる。
 二十四日午後、関係者による説明会が開かれ、グローボ局が取材に駆けつけた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2007年10月20日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  援協はこのほど、重度の鼠径(そけい)ヘルニアを患っていた聖州スザノ市在住の日本人男性(93)を日伯友好病院で受け入れ、無料で手術した。手術は見事成功し、男性は無事退院した。 […]
  • 武田五男氏2007年10月20日 武田五男氏 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  (株)トレードブラスの創業者、武田五男氏が十九日午前七時半ごろ、脳溢血のため入院先のサンタクルス病院で死去した。享年七十九歳。 […]
  • 大耳小耳2007年10月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け […]
  • 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯2007年10月20日 百年の歩み辿りたい=河北新報=加賀山記者が来伯 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  宮城県仙台市に本社のある河北新報社の加賀山仁記者(34)が十八日来伯、サンパウロを中心にベレン、トメアスーなどを取材、約一カ月滞在する。 […]
  • 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中2007年10月20日 「ブンバ」30号発売=日系各書店で販売中 ニッケイ新聞 2007年10月20日付け  自然と文化の情報誌『Bunba』三十号がこのほど発売された。 […]