ホーム | 日系社会ニュース | いますぐお金にならないが……駒形秀雄=ブラジルが大油田発見!=「その後話」がなぜ消えた

いますぐお金にならないが……駒形秀雄=ブラジルが大油田発見!=「その後話」がなぜ消えた

ニッケイ新聞 2008年5月7日付け

 去る四月十四日、ANP(ブラジル石油所管庁)長官は、PETROBRAS(石油公団)がサントス沖海域で世界的規模の油田を発見したと公表しました。その規模は埋蔵量において「世界でも五本の指にはいり、過去三十年間で最大の発見だ、」というのです。この朗報に株式市場は直ちに反応し、PETROBRASの株は五%から七%も値上がり、皆が「スゴイな、」と思いました。「これでブラジルも世界大国の仲間入りが出来、我々の暮らしも楽になるか?」と期待を持ったのです。
 しかし、その後の展開がさっぱりです。話の内容が海の底のことで、素人には分り難い上、その後それを補足するようなニュースもないのです。一体この話の真相はどうなのでしょう? 以下、一緒に考えてみましょう。
◇石油はどこのあるのか?
1、まず、海底油田とは文字通り、海の底に埋蔵されている石油、ガスのことで、現在では世界の石油生産の四分の一以上、この比率は今後だんだんと増えていくといわれております。
  世界の海底油田で有名なのは北海油田(欧州)、メキシコ湾岸、サハリン(旧樺太)、東シナ海などで、ブラジルはまだこのリストに入っていません。日本にも海底油田はあり、新潟県ー阿賀沖、岩船沖などが知られております。
2.ブラジルで今、話題になっている新油田はPRE-SAL(前岩塩)層です。E・サント洲から、S・カタリーナ洲にかけての八百キロの海域に位置しています。(図参照)。ブラジルの工業の中心地に近いため、経済価値が高い訳です。
3.問題はそのPRE―SAL層ですが、これは従来開発されていなかった岩塩層の下にあり、海面下、五千米から七千米の間に位置しているのです(図参照)。
 今回埋蔵が確認されたという油田は仮に「カリオカ」と呼ばれていますが、この「カリオカ」は前に発表された「TUPI」油田の近くにあり、サントス海岸から二百キロくらい離れた海域にあります。
 正式には「BMS-9」ブロックとよばれ、このブロックの権利者はPETROBRAS(四五%)、B.G.(英国)(三〇%)、PEPSOL-YFP-(スペインなど―二五%)となっております。
 ◇なぜはっきりしないのか?
 現在石油の価格上昇が問題となっており、一バレルあたり百十ドルを超えた価格は世界的な関心事です。皆が、この大油田の話の続きを知りたいのに、なぜこの「すごい話」は水面下から沸きあがったガスの泡のように、スーと消えたのでしょう。それには大体以下のような要因が考えられます。
 1、こういう重大なニュースは所管の鉱業エネルギー大臣とか、試掘をやったPETROBRAS総裁、あるいは政治的に利用するなら、大統領などが発表するのが当然なのに、石油所管官庁の長官あたりがいきなり発表したのはまずい、正式発表まで下っ端は情報をもらすな、と「抑え」がでた。
 2.五千米もの海底での採掘技術は確立しているか?、技術的に可能でも採算があうのか?、採れもしない石油では、月で金鉱山が見つかったと同じで、「絵に描いたもち」でないか?、そんな話を公表して経済社会混乱さしてはいけない。
 3.このPRES-SAL層の油田は実は極めて有望な油田である。今のままでは外国の巨大資本に乗っ取られ、いい汁は吸われてしまう。乗っ取られないまでも、そういう「うまい話」があるなら、できるだけわれわれ仲間でよい権利を抑えよう。その独占の準備のために外部には情報をもらすな。
などです。
     ◇
 では以上のどれが本当なのでしょうか?、ちょっと検討してみましょう。
1)これはもっともなことです。日本などでは階級がはっきりしていて、所管でない官庁の人などは外部に発表などしません。でも、事実がはっきりしてきたら、しかるべき人、タイミングで発表が行われるでしょう。
 2)日本の阿賀沖の海底油田は規模も「子供のままごと」程度、深度も八十米です。ブラジルのCAMPOS沖で「優秀技術の所産」と言われるENCHOVA油井が百二十四米、MARLIMが千七百九米です。世界最深と言われるメキシコ湾岸のエクソンモービル所有の油田は二千五百八十米です。
 技術がどんどん開発されているといっても、まあ、採掘は深度、三千米くらいまででないか?と言うのが、専門家の目下の意見です。ANADARKO(米国)では深度一万米まで掘れるリグがあるといっていますが、掘れるのと経済的に採油できるということは違うことでしょう。
 3)自分の利益を第一に守る、これはブラジルに長い人ならよく理解できると思われます。ブラジルは一九九七年までは石油の試掘、採掘などは全部PETROBRASの独占でした。その後、試掘などをリスク契約で外国、民間にも開放したのですが、もっと制限すべきだという意見も出ています。PETROBRASが最近、この海域で試掘した石油井が十五本とも全部「当たり」だったのです。となるとこの海域のボーリングはもうリスクではなく、「確実なビジネス、」ということになるのです。
 その関連法規も改訂すべきだ、というのです。要するにこの海域、いままで知られていなかったPRE―SAL層に巨大海底油田があるものなら、これは財産だ。たとえ今すぐ使えないにしても、自分らで抑えよう、こう考えても無理のないことかと思われます。
 ブラジルには頭のよい人が多いのです。巨大石油資本;SHELL, BRITISH GAS,PETROSOLなどが既に多数この分野に参入しております。
 以上とりあえず、「新油田発見のお話」を申し上げました。それにしても、今すぐお金にならない、将来の夢見たいな話にしても、こういう「面白い話」が出来るブラジルは幸せの国ですね。「ふーん、そうかもしれないな!」と他の人が聞いてくれるのです。ホラを吹こうにも、吹きようもない国の人には羨ましい話ですね。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • イベント情報2014年3月15日 イベント情報 ニッケイ新聞 2014年3月15日 【サッカー】 サンパウロ州選手権 第14節 3/15(土) ・パルメイラス対ポンテ・プレッタ(会場:パカエンブー・スタジアム) 3/16(日) ・サンパウロ対イトゥアーノ(会場:モルンビー・スタジアム) ・リオ・クラーロ対サントス(会場:ア […]
  • イベント情報2013年11月30日 イベント情報 ニッケイ新聞 2013年11月23日 【11/23〜29のサンパウロ州チームのサッカー】 ブラジル選手権(Brasileirao) 11/23(土) パルメイラス対セアラー(2部/会場:南マット・グロッソ州/モレノン・スタジアム) 11/24(日) […]
  • 2空港入札=予想大幅超過の高額落札=政府下限の3・5倍にも=ガレオンはレジャー空港化?=CCRは国道入札にも興味2013年11月26日 2空港入札=予想大幅超過の高額落札=政府下限の3・5倍にも=ガレオンはレジャー空港化?=CCRは国道入札にも興味 ニッケイ新聞 2013年11月26日  22日にリオのガレオン空港とミナス・ジェライス州のコンフィンス空港の入札が行なわれ、連邦政府が設定した下限の4倍近くもの巨額落札が行なわれ、ジウマ大統領を喜ばせた。23日付伯字紙が報じている。 […]
  • 大耳小耳2010年10月5日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2010年10月5日付け  今回の統一選で当選した候補の中には、日系でなくとも日系社会とつながりの深い人達がいる。夫が日系で、南マ州議に当選した橋岡ジオネ氏、逆に夫人が日系のパウロ・テイシェイラ氏(PT、49)も13万4479票で連邦下議に再選された。また、 […]
  • ■訃報■出羽孝史氏2009年1月8日 ■訃報■出羽孝史氏 ニッケイ新聞 2009年1月8日付け  元日本航空リオ支店長の出羽孝史(いずわ・たかし)さんが七日朝、リオ市内の病院で亡くなった。昨年十一月末に転んで胸を強打してから具合が悪くなり、年末から十六日間集中治療室で過ごしていた。享年八十八歳。 […]