ホーム | 連載 | 2008年 | 県連ふるさと巡り=リベイラ沿岸とサンタカタリーナの旅 | 県連ふるさと巡り=リベイラ沿岸とサンタカタリーナの旅=第5回=「ブドウ谷」タンガラー=イタリア系が7割占める

県連ふるさと巡り=リベイラ沿岸とサンタカタリーナの旅=第5回=「ブドウ谷」タンガラー=イタリア系が7割占める

ニッケイ新聞 2008年5月14日付け

 三日目、四月二十一日午前八時半、イタリア移民が多く入ったタンガラーに向けて出発。普通の農業には適さない傾斜地に、ブドウ畑が作られている。わずか一時間で到着。
 この一帯は、良質なブドウがとれることで有名な「ブドウ谷」として知られ、人口九千人の小さな町ながらワイン醸造所が三つもある。その中でもナンバー1のモンテ・カルバーリョのお土産店に案内された。
 同社は九七年に創業七十年の同業アデーガ・カーザ・グランデを買収し、州最大の六百六十五万リットルというワイン貯蔵能力を誇るようになった。広大な自社農園も所有し、年平均二百万キロのブドウから百四十万リットルのワインを生産している。
 モンテ・カルバーリョ自体も三四年にパンセーリ家が創業した老舗であり、創業者ルイスさんの孫世代が今もしっかりと続けている。現在は兄弟で経営しており、その一人、市長三期目のファウスチーノ・パンセーリさん自らが説明に来た。
 「サンパウロから遠路来てもらって本当に嬉しい」と市長は両手を広げて歓迎のポーズをする。「自分はイタリア語はしゃべれないが妻はできる」と笑う。
 この町の歴史は一九一〇年、ブラジル・レールウエイ社が鉄道敷設にあたって、ペッシェ川沿いの美しい川沿いに惹かれて、あらかじめ駅を建設したことから始まった。
 同市役所サイトによれば、鉄道工夫相手に最初の商店を開いたのはポルトガル人だ。ところが町周辺は一六年にコンテスタードの乱が終結するまで開発は進まなかった。
 一八年から駅周辺の土地を拓殖会社ピコリが取得し、南大河州から入植者を募集したことから、大量のイタリア移民が入ることになり、多くはブドウ栽培などに従事した。
 特徴としては、ペイシェ川をはさんで左側にピコリ社が募集したイタリア移民が植民し、右側はドイツ系植民会社「南伯拓殖連合」が開いたためにドイツ移民が大量に入り、初期には橋をはさんで棲み分けしていたことだ。
 現在では混血が進み、町の人口構成としてはイタリア系七五%、ドイツ系二〇%、残り五%がその他だという。人口九千人だが、うち四千人は農村部に暮らすという。
 一行は説明を聞き、お土産物屋で特産のサラミやワインを買ったあとバスで市役所前広場まで行き、観光局ガイドのタチアネ・センドロンさんから各人の名前が入ったカードを付け取った。彼女は母親がドイツ系、父親がイタリア系という町そのものの出自を持つ。
 「母親は七歳までドイツ語だけだったけど、私はまったくしゃべれないわ。イタリア語なら少しわかるけど」と恥ずかしがり、もっぱら日本語で会話している一行を見渡し、「みなさんの方がよく文化を継承しているわね」と笑った。
 現在、町にはセントロ・クルツラル・イタリアーナが建設されており、イタリア語やイタリア舞踊を教える予定だという。
 二十歳過ぎと若いタチアネさんだが、「今は混血が進んでいる。今のうちに保存しておかないと無くなってしまう」との危機感を語った。民族は違え、同じような想いを共有しているようだ。
(つづく、深沢正雪記者)



県連ふるさと巡り=リベイラ沿岸とサンタカタリーナの旅=第1回=レジストロから旅開始=史料館は建物が展示品

県連ふるさと巡り=リベイラ沿岸とサンタカタリーナの旅=第2回=レジストロ=みんなで炭鉱節を踊る=「ふる里みたいな雰囲気」

県連ふるさと巡り=リベイラ沿岸とサンタカタリーナの旅=第3回=イグアッペ=「50年ぶりに故郷に来た」=日本移民は市発展に大貢献

県連ふるさと巡り=リベイラ沿岸とサンタカタリーナの旅=第4回=コチア青年貞光さん活躍=アントゥーリョ新種作る

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ新聞元営業部長=中野晃治さんが死去2020年12月11日 ニッケイ新聞元営業部長=中野晃治さんが死去  元商社マンで元本紙営業部長、南米浄土真宗本願寺(西本願寺)の僧侶としても活動していた中野超証((ちょうしょう)晃治(こうじ))さんが、10日午前11時頃、心臓発作のためサンパウロ市内のサンタクルス病院で亡くなった。行年84歳。  中野さんは広島県出身。1958年にコ […]
  • 思い出=リベイロン・プレット 大河政義2015年8月4日 思い出=リベイロン・プレット 大河政義  1960年3月13日サントス着の『ブラジル丸』で移住してきた人達が、去る3月13日金曜日にサンパウロの群馬県人会に集い、午前10時から午後3時まで、55年間の歩みを回顧しながら大いに食べ飲みしながら楽しいひと時を過した。今度の集まりにも、コチア青年移民の人達が6名と多く、 […]
  • 当日に投票する会員ら2015年3月31日 文協総会=選挙権持つ評議員決まる=有効票399、大幅減=新役員は4月25日発足  ブラジル日本文化福祉協会(木多喜八郎会長)の第55回定期総会が30日午前、文協ビル2階の貴賓室で行なわれた。立候補82人から正規50、補充25の評議員75人が決定。特に顔ぶれは変わらず、対抗シャッパが出た場合でも、現体制派が支持する呉屋春美氏(現・第一副会長)の新会長就任 […]
  • 説明会を開いた大原委員長2015年2月26日 文協評議員選挙=候補82人顔ぶれ変わらず=新会長は現体制派からか=4月25日に理事会選挙  ブラジル日本文化福祉協会(木多喜八郎会長)の評議員選挙が3月28日の定期総会で行なわれるに当たり、立候補の申し込みが今月13日に締め切られた。82団体・個人の候補者が出揃ったところで、選挙管理委員長の大原毅氏が24日午後、説明会を開いた。理事会役員の決定権を持つ重要な評議 […]
  • 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=712014年12月11日 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=71  「ラテン系は美しく、惹かれるものはありますが」と言い、「男性が若いうちはいいが、年齢とともに体力、精神力ともに弱さが出てくるし、食事にしても日本食を恋しくなりますから」と語っている。 ことに体調を崩した時など、日本人なら白かゆや、おじやなどが欲しいはずで、それを病人自身が […]