ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2008年5月14日付け

 沖縄ソバをカンポグランデで初めて販売したと言われる勝連ひろしさん。四十年ほど前にフェイラで提供したころは「メリケン粉の麺で、スープは豚からつくって、かまぼこのようなものをから揚げにして乗せていた」という。今やブラジル人の嗜好にあわせて進化し、同市の大衆食になった。その想いを尋ねてみると「おれは沖縄ソバよりも日本のさっぱりとしたスープの蕎麦の方が好きなんだよ。あれは生活するために売っただけなんだよ」と笑っていた。
     ◎
 ADESC(農協婦人部連合会)の事務所がこのほど、以前のAv.Queiroz Filho,1560-Vila Leo poldinaから、Av Imperatriz Leopoldina 1604-Vila Leopoldina。電話番号は11・3835・6775で変更されていない。

image_print

こちらの記事もどうぞ