ホーム | 日系社会ニュース | 躍進するセラード・コーヒー=土づくりから取り組み  著名「カルモ・シモサカ」=カルモ・ド・パラナイーバ=入植35周年祭を11月に

躍進するセラード・コーヒー=土づくりから取り組み  著名「カルモ・シモサカ」=カルモ・ド・パラナイーバ=入植35周年祭を11月に

ニッケイ新聞 2008年5月15日付け

 「セラードコーヒー」で有名なミナス州カルモ・ド・パラナイーバの、入植三十五周年祭が十一月八日に行われることが決まった。同地へのセラード開拓の先発隊の一人、下坂匡(ただし、71、福島県出身)さんによれば、ユバ・バレエ団の記念公演も決定したという。市役所の応援で、今回も無料で一般市民に見てもらうようにする方針。前回の公演では二千人も集まった。下坂さんの生産するコーヒーは、主として日本に輸出され、「カルモ・シモサカ」として著名。略奪農業から土を育てる農業に転換した成果の模範的存在だ。
 同地には一時、日系四十家族がいたが、現在は十七家族ほど。主にコーヒー生産などに従事しており、畜産や雑作も行われている。
 下坂さんは五六年に転住し、最初の一年七カ月をコロノとして働き、サンパウロ州ジャーレスで十八年間コーヒー作りをし、七三年に現在の地に入植した。
 市外を含めた下坂農場全体ではコーヒーだけで四百ヘクタール、百六十万本を植えている。大豆やトウモロコシを六百ヘクタール、養鶏三万羽と「西村俊治さんに教えてもらった多角経営を実践している」という。
 「カルモ・シモサカ」ブランドで日本を中心に輸出しており、百四十八店舗で取り扱われている。二十年経つ東京店「プランチップ」(荻窪、阿佐ヶ谷)を筆頭に郷里の福島県いわき市でも直営店がある。五年前からは中国・上海店「カルモ・コーヒー」を開店した。
 「二級品(高級品)にこだわっています」との通り、一万五百俵(各六十キロ)の中で「カルモ・シモサカ」に値する二級品は八%しかないという。残りはブレンド用だ。
 下坂さんは「コーヒーといえば百年前はモジアナ周辺、その後ノロエステ、パラナ、今のミナス、バイーアと変遷してきた。土地の肥沃さに任せて肥料をやらない過去の農業と違って、我々はセラードでは土地作りから取り組んでいる」と違いを語り、三十五周年を経てなお土地が衰えていないことを強調した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 百周年を記念してBR―369沿いに建設された大鳥居2015年7月7日 「日本人なくして北パラナの開拓なし」=州入植百周を盛大に祝う=前線基地だったカンバラ  パラナ日伯文化連合会(折笠リカルド力己知会長)が主催してパラナ州日本人入植百周年記念式典が13日にカンバラ市に約150人の日系団体代表が集まり、続いて翌週20日には慰霊祭がローランジャ市日本移民センターで盛大に挙行された。カンバラは北パラナの玄関口として、また〃足場〃とし […]
  • 商議所昼食会=前ペトロブラス総裁が講演=「バイーア州の経済展望」2012年5月25日 商議所昼食会=前ペトロブラス総裁が講演=「バイーア州の経済展望」 ニッケイ新聞 2012年5月25日付け […]
  • 《ブラジル》16年の農産物生産は?=収量減だが生産額が増える例も2017年9月23日 《ブラジル》16年の農産物生産は?=収量減だが生産額が増える例も  ブラジル地理統計院(IBGE)が、21日に2016年度の農産物の生産状況を発表した。  それによると、綿花の生産は2年連続で減り、16年の収量は前年比13・6%減の3・5トンだった。棉の植付面積は99万6200ヘクタールだった。綿花減産は、国内2大産地のマット・グロッソ州と […]
  • 『カルモ』はサンパウロ市内にある公園。この公園に日本人移民が桜を植樹し、今では季節になると見事な花が咲き、桜まつりも行われる。2015年6月29日 ニッケイ歌壇 (491)=上妻博彦 選       サンパウロ      梅崎 嘉明 高千穂に八紘一宇の塔たつと聞きし日ありきいまはまぼろし軍籍は持てど戦爭を知らぬ父日本は敗けぬと言いつつ逝けり大本営のラジオを聴きし友人は馳せきて日本の大勝を告ぐ飛行機を搭載可能の潜水艦建造せしとか戦わず消ゆ黄金藤の花過ぎ葉陰に […]
  • 講演会での梅田大使とアブレウ大臣2015年6月27日 アブレウ農務大臣が講演=「もっと日本の協力が必要」  ブラジル日本商工会議所(村田俊典会頭)の主催で16日、農務省サンパウロ州事務所においてカチア・アブレウ農務大臣を招き、「今後のブラジル農業政策、農業インフラ開発の重点について」をテーマに講演会が行われた。同大臣は7月に訪日して安倍晋三首相と会談を予定していることから、梅田 […]