ホーム | 日系社会ニュース | アート展「視線の絆」=伯美術と日本の百年を辿る=大竹富江センターで8月まで

アート展「視線の絆」=伯美術と日本の百年を辿る=大竹富江センターで8月まで

ニッケイ新聞 2008年5月27日付け

 大竹富江文化センター(Instituto Tomie Ohtake)で二十一日から、日本移民百周年を記念したアート展「視線の絆(Lacos de Olhar)」が開かれている。二十日夜に同センターでイナウグラソンがあり、大勢の関係者が訪れた。
 日本移民開始以前のブラジル近代美術における日本の影響から、戦前戦後に移住した日本人、日系人アーティスト、日本文化の影響から生まれたブラジル人作家の作品などを、肖像画、自画像、絵画、書、写真、陶器、彫刻など分野ごとに展示。同センター二階展示スペースの全体を使い、〃日本〃の存在がこの百年でブラジルの美術界にどのように影響し、変容してきたかを展望する内容だ。
 戦後結成されたサンパウロ美術研究会(聖美会)の写真やパンフレットといった資料や、リベルダーデにあった高山写真店で撮影されたコロニア関係者のポートレート、百周年をテーマにしたエスコーラ・デ・サンバの衣装デザイン、壁一面を使ったグラフィティ・アートなども来場者の目をひきつけていた。
 国内外から集められた作品は四百点以上。造形作家の大竹富江さんは会場で、「すばらしい展示。世界中からよく集めたと思う」と、同センターの百周年事業とも言える展示会開催を喜び、キュレーターのパウロ・ヘルケンホッフ、アシスタントを務めた沖中ロベルト氏の努力を称賛した。
 同展は八月十日まで開催。期間中の開場時間は午前十一時から午後八時。月曜休館。入場無料。
 会場住所=Av.Brigadeiro Faria Lima,201。電話=11・2245・1900

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2008年7月5日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=各地の百周年式典を総括 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け ◆座談会参加者の紹介深=本紙の編集長ながら、最多のブラジリア、サンパウロ、パラナ、ベロ・オリゾンテを取材。若手記者を大きく引き離す奮迅の活躍ぶりを見せた。神=邦字紙記者歴四十余年、唯一過去の周年行事を取材。サンパウロ・サンボードロモ式典会 […]
  • 2008年1月30日 コロニアからもカーニバル参加=リオ、サンパウロ市で「移民」取り上げ=モジでは町の統一テーマに ニッケイ新聞 2008年1月30日付け  二〇〇八年のカーニバルが二月一日から始まる。日本移民百周年の今年は、リオ・サンパウロでスペシャル・グループのチームが「日本移民」を、サンパウロ市ではほかに「沖縄」をテーマに取り上げる所もある。さらに近郊モジ・ダス・クルーゼスでは、 […]
  • 在聖総領事館=一世紀の節目を盛大に祝う=記念昼食会に360人駆けつけ2015年8月4日 在聖総領事館=一世紀の節目を盛大に祝う=記念昼食会に360人駆けつけ  「ちょうど100年前に始まった」―在サンパウロ日本国総領事館と関係の深いブラジル日本文化福祉協会やブラジル日本都道府県人会連合会、サンパウロ日伯援護協会などの日系団体や日系議員、日本政府関係団体、諸外国領事館関係者等、約360人が一堂に会し、同総領事館が設立から100年を […]
  • イベント情報2014年2月8日 イベント情報 ニッケイ新聞 2014年2月8日 【サッカー】 サンパウロ州選手権 第7節 2/9(日) ・パルメイラス対アウダックス(会場:パカエンブー・スタジアム) ・ポンテ・プレッタ対サンパウロ(会場:モイセズ・ルカレッリ・スタジアム) ・モジ・ミリン対コリンチャンス(会場:ロミルドン […]
  • サンバ女王コンクール出場=田辺さん、X—9代表で2011年2月2日 サンバ女王コンクール出場=田辺さん、X—9代表で ニッケイ新聞 2011年2月2日付け […]