ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2009年1月13日付け

 日本では「若い娘は箸が転んでも笑う」というが、ここブラジルでは電車の中で雨漏りすると、皆示し合わせたようにゲラゲラ笑う。しかし、その笑いは決して蔑むような感じではない。日本だと、笑うどころか即座に駅員に抗議するだろう。
 それまで各自音楽を聴いたり、読書をしたりしていたのに、老いも若きもこの瞬間に居合わせたことを分かち合うかのごとく、顔を見合わせて笑っていた。
 日本人の私は何がおかしいのか、場の雰囲気からは分からなかったが、つられて笑顔になった。
 『ブラジルで雨が降ったらスターバックスを買え』というタイトルの経済本があるが、まさかコーヒー業界が潤うから笑っているのか。もちろん買うのは株のことだ。
 これから雨の多い季節。豪快な笑顔が見られるのも悪くないが、それにしてもなぜみんなが笑うのか不思議だ。 (綾)

image_print

こちらの記事もどうぞ