ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2009年1月16日付け

 自動車所有税(IPVA)の割引付一括払いと分割払い一回目の支払い期日は末尾番号毎に違うが、サンパウロ州では、システム上の問題で支払いが出来なかった末尾番号4の車について、支払期日を十九日に延期(事情によっては二十二日まで免責)と発表。システムが動かず期日までに払えなかった人は他の番号でもいるようだが、他の番号については特別処置の報道はなし。IPVA額確認や支払い簡素化のための払込票印刷はwww.fazenda.sp.gov.brで行える。
     ◎
 所により時速九〇キロ超の強風が吹き、強い雨や雹に襲われた十四日のサンパウロ州では、国内一貨物取扱量の多いサントス港で倉庫が倒壊し六人が負傷他、倒木や洪水、停電などの被害続出。十七日にサンパウロ市で開催されるエルトン・ジョンのショー会場も一部破損した。一方、十日の洪水で一〇〇〇人以上に浸水や家屋倒壊の被害が出たリオ州パラチ―市では、文化遺産の損害や断水を生じさせた配水施設破損修理まで給水車手配など、被害見込み額は一五〇〇万レアル。
     ◎
 十三日のパラー州ベレン市での臓器提供を啓発するためのショーで、〇八年十月のサンパウロ州サントアンドレ―市の人質事件で死亡したエロアーさんの母アナ・クリスチーナ・ピメンテウさんと、エロアーさんの心臓の被移植者マリア・アウグスタ・ドス・アンジョスさんが初体面。長い抱擁を交し、涙を禁じ得なかった二人。〇八年の臓器移植手術は二六%増の約七六〇〇件で、臓器提供者数と共に記録を更新した。
     ◎
 十八~二十三日開催のファッションウィーク・サンパウロ(FWSP)会場では、十九日からエイズ予防キャンペーンも行われ、即時判定の検査を実施と十五日伯字紙。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 子や孫の日本を見る目が変わる!=いよいよ『日本文化』第2巻=増頁、内容充実で発売開始2016年6月19日 子や孫の日本を見る目が変わる!=いよいよ『日本文化』第2巻=増頁、内容充実で発売開始  「これを読めば、子や孫たちの日本を見る目が変わる」―毎週土曜付けで掲載され好評を博している「国際派日本人養成講座」。そのルビ付きの日本語と、ポ語訳を掲載した本『日本文化(Cultura […]
  • 文協が創立60周年の節目=サンパウロ市400年祭委員会を発端に=59の個人・団体の表彰も2015年12月30日 文協が創立60周年の節目=サンパウロ市400年祭委員会を発端に=59の個人・団体の表彰も  1955年の発足から60年―。ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)が創立日である17日、創立60周年を祝し文協ビルで記念式典を行なった。招待客ら600人以上が出席し、還暦の節目を祝った。 文協の前身は、54年に発足したサンパウロ市制400周年祭の日本人協力委員会。移民50 […]
  • 東西南北2014年3月28日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月28日  27日付本紙でも報じた、今年2月のサンパウロ市での強盗事件の急増だが、サッカーW杯の会場となるイタケロン・スタジアム周辺地区での犯罪急増が目立つという。同スタジアムに近いパルケ・ド・カルモでは、強盗が昨年同月比で82%、自動車強盗が59% […]
  • イベント情報2013年10月19日 イベント情報 ニッケイ新聞 2013年10月19日 【10/19〜10/25のサンパウロ州でのサッカー】 ブラジル選手権(Brasileirao) ※パルメイラスとコリンチャンスはファンの起こした乱闘事件の責任により、10月4週目の週末前までサンパウロ市でのホーム試合の開催禁止。 […]
  • 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第148回2013年8月31日 連載小説=移り住みし者たち=麻野 涼=第148回 ニッケイ新聞 2013年8月29日  そんな言葉を児玉に漏らしていた。  彼らの多くは韓国にそれほど愛着もなく、愛国心があるようにも思えなかったし、ブラジルに帰化する者も多かった。 […]