ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2009年2月14日付け

 上原幸啓文協会長が左手を骨折し、現在自宅療養中だ。先月三十一日にあった文協五十年史ポ語版の座談会オブザーバーとして出席、貴賓室のドアに激突し転倒したという。自身のモットー〃透明性〃をドアのガラスにも求めた結果だろうか。傘寿を超えた高齢のためか完治には、二、三カ月かかるらしく、騒がしくなってきている文協選挙の嵐から、図らずも逃げ出した!?
     ◎
 今月九日にあったレジストロ文協の会長就任式に文協代表として出席した重田エルゾ副会長、「〃初めて〃来ました。いい会館ですね」と自ら疎遠な関係を認める発言。同文協と関係が深く、文協会長選挙に出馬表明している小川氏と比較した幹部からは失笑が漏れたとか。余談だが、百周年協会を代表して訪れた松尾治氏は来賓席にも呼ばれなかったという淋しい話も。
     ◎
 今日はバレンタインデー。日本では、女性が好きな男性にチョコをプレゼントすることで愛を告白する日。チョコレート業界の吹く笛にあわせて国民が踊った習慣だが、大阪では豚まんも「ブーブー」と鼻を鳴らしている。豚まんの老舗『蓬莱』からハート型の豚まんが発売、一個三百円で毎年三万個が完売される。二十六年目の今年も予約は好調で、サツマイモのあん入り「ハートさつまん」もホワイトデー用に準備されているとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ