ホーム | Free | 大耳小耳

大耳小耳

 『ブラジル日本交流協会2017年度報告書』が郵送されてきた。本紙記者も一人いたが、今年3月に帰国した交流協会生の1年間のブラジル体験がまとめられている。沖縄県宮古島出身の國仲祐希さんところを見ていたら、《宮古島の田舎で育った私は、中学のころから島を出たくて仕方なかった。高校で沖縄本島に行き、大学は東京の行って留学すると決めていた》という経緯からブラジルへ1年間来たそう。本島から南西に290キロ、人口5万人ほどの島だ。さらに《狭い島に生まれたことが誇りでもありコンプレックスでもあったが、ブラジルの沖縄県人会との出会いが私を大きく変えてくれた。沖縄の文化を愛し、守り続けている人々の存在を知り、「沖縄に生まれてよかった」と心から思うことができた》とのこと。今ごろどうしているのやら。来年の4月にはどんな協会生がやってくるのか、楽しみだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年4月12日 大耳小耳  BS朝日「皇室スペシャル」番組が、67年に聖市内のサンタ・カーザ病院を皇后陛下(当時、皇太子妃殿下)がご訪問された際に、出会われた芹口マリリ百合子さんを探している。芹口さんは当時10歳で小児麻痺を患っていたが、十数回の手術を受けて歩行を回復し、美容師として働けるまでになったと […]
  • 大耳小耳2019年4月10日 大耳小耳  日本のプロ野球チーム、高知ファイティングドッグス(FD)は、来年6月にサルバドール在住の伯人、アレサンドロ・フレイタス・デ・ミランダさん(16)を研修生として受け入れる。同地の貧困地域の伯人が日本の野球団に入るのは初めて。FDは、これまでにも海外の若者に夢を与える活動を続けて […]
  • 大耳小耳2019年4月9日 大耳小耳  一般財団法人「日伯協会」(兵庫県神戸市所在)の事務局長、細江清司さんが3月31日付で退任した。メールで届いた退任の挨拶によれば、13年間も勤務したとのこと。後任は、住友ゴム工業株式会社から出向している窪田静磨さんが、常務理事兼事務局長として就任した。なお、細江さんは引継ぎのた […]
  • 大耳小耳2019年4月5日 大耳小耳  3日、ペルー・リマの国会で、日本人移住120周年記念式典が行われた。これを皮切りに祭典事業が開始される。ペルー移民はブラジルよりも歴史が古く、集団移住が始まったのは1899年4月3日。同日は両国の友好の日と制定されており、毎年、国会で式典が開かれているという。当日は、今年7月 […]