ホーム | Free | 大耳小耳

大耳小耳

 『ブラジル日本交流協会2017年度報告書』が郵送されてきた。本紙記者も一人いたが、今年3月に帰国した交流協会生の1年間のブラジル体験がまとめられている。沖縄県宮古島出身の國仲祐希さんところを見ていたら、《宮古島の田舎で育った私は、中学のころから島を出たくて仕方なかった。高校で沖縄本島に行き、大学は東京の行って留学すると決めていた》という経緯からブラジルへ1年間来たそう。本島から南西に290キロ、人口5万人ほどの島だ。さらに《狭い島に生まれたことが誇りでもありコンプレックスでもあったが、ブラジルの沖縄県人会との出会いが私を大きく変えてくれた。沖縄の文化を愛し、守り続けている人々の存在を知り、「沖縄に生まれてよかった」と心から思うことができた》とのこと。今ごろどうしているのやら。来年の4月にはどんな協会生がやってくるのか、楽しみだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2018年12月12日 大耳小耳  南米産業開発青年隊協会が発行するPDF版会報『南青協便り』第 […]
  • 大耳小耳2018年12月8日 大耳小耳  サンベルナド・ド・カンポ市のコレジオ・アルモニアの機関紙45号が12月に発行された。それによれば、6月29日から21日間、日本の教育システムを体験する目的で、中等部の生徒11人が日伯文化交流旅行に行った。帝塚山学園(奈良県)、廣池(れいたく)学園(千葉県)、立命館慶祥学校(北 […]
  • 大耳小耳2018年12月11日 大耳小耳  第59回海外日系人大会(6月6日~9日、米国ハワイ)の報告書を見ていたら、カナダ日系文化センターの五明明子さんが「日系プレース」というユニークな施設の説明をしていた。バンクーバーのほぼ中心部にあり、3エーカー(約1万2千平米)の土地に、日系文化センター、博物館、シニア向けの集 […]
  • 大耳小耳2018年11月28日 大耳小耳  「第30回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」の応募がはじまっている。例年、ブラジル日本文化福祉協会が取り纏めて団体応募していたが、今年からは各自での応募となる。応募はハガキ、FAX(A4サイズ)、インターネットのいずれかの方法で行い、最大6句まで応募可。締切りは来年2月28日まで。 […]
  • 大耳小耳2018年12月5日 大耳小耳  ブラジル日系熟年クラブ連合会の機関紙『ブラジル老荘の友』538号が11月に刊行された。今回は塾連親睦バスツアーで行った、セーハ・ネグラの「ファゼンダ・ホテル・ヴァーレ・ド・ソル」の話が満載。中でも、まるで本物のような「ピラミッド型のシャレー」が話題の的。そこに泊まることになっ […]