ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2009年2月24日付け

 ギネス公認の世界最大のカーニバル集団、ペルナンブコ州レシフェのガロ・ダ・マドルガーダのパレード(二十一日)には、一五〇万人(一説では一八〇万)が参加。昨年亡くなった創始者エネアス・フレイレ氏への顕彰も兼ねたパレードは「世界金融危機」がテーマで、道徳的腐敗や政治危機も「出て行け!」との掛け声。バイア州サルバドールでは二十一日、アンゴラ出身の女性歌手二人が共演し、アフリカ調リズムでパレードをリード。サンパウロ市のスペシャル・グループの結果は本日発表だが、広大で様々な歴史的背景を持つブラジルでは、町の数だけカーニバルがある?
     ◎
 一九九七年から一〇年連続でリオ市のレイ・モモに選ばれたアレックス・オリベイラさんは、二二五キロだった体重が八四キロまで落ち以前の面影はなし。健康上の理由で、胃の手術を受け、アカデミアにも通っている。カーニバルからは離れられず、山車の組み立てなどに加わっている。
     ◎
 一九九八年に起きたリオ市の第二パレスビル崩壊事故の責任を問われていた企業家のセルジオ・ナヤ前議員が、二十日にバイア州イリェウスのホテルで遺体となって発見された。友人経営のホテルに滞在中で、朝食に姿を現さず、いぶかられていたが、午後、ホテル主任らが合鍵で部屋を確認したという。崩壊事故の賠償問題の行方も気になるが死因は現在調査中。
     ◎
 〃灰の水曜日〃の二十五日は、銀行や消費者保護財団(プロコン)、州交通局は十二時、ポウパテンポは午後一時からなど、午前中は休みとなる公共機関も多いので要注意。サンパウロ市のロディージオ(ナンバープレート末尾の番号による乗り入れ制限)も二十五日は解除。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特別寄稿=16世紀の日本人女性奴隷哀史=サルバドールに「女官」いた?=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2020年10月31日 特別寄稿=16世紀の日本人女性奴隷哀史=サルバドールに「女官」いた?=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子  「16世紀ごろに、日本人が奴隷としてヨーロッパ人に売られていた」。このような歴史的事実を、現代日本人がどのくらい知っているだろうか。  去る10月20日付けニッケイ新聞「樹海」拡大版、深沢編集長による「16世紀に南米へ来た日本人奴隷とユダヤ教徒」を読んだ。「南米に渡った日本 […]
  • コラム 樹海2013年2月19日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年2月19日 […]
  • コラム 樹海2012年2月8日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年2月8日付け […]
  • サルバドールから世界へ=トリオ・エレトリコ60年=マラカツ想起のアシェも2010年2月16日 サルバドールから世界へ=トリオ・エレトリコ60年=マラカツ想起のアシェも ニッケイ新聞 2010年2月16日付け  11日からカーニバル公式行事開始のバイア州サルバドールは、熱狂的な雰囲気の中にも温故知新の時を過ごしている。  というのも、同地のカーニバルを特徴付ける二つのものが、記念の年を迎えているから。 […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]