ホーム | 日系社会ニュース | 55年のボイスベン号=初めての同船者会開催へ=10日

55年のボイスベン号=初めての同船者会開催へ=10日

ニッケイ新聞 2009年5月1日付け

 一九五五年五月十日にサントス港に到着した移民船「ボイスベン号」の初めての同船者会が、ちょうど渡伯五十四周年にあたる五月十日午前十一時半からニッケイ・パラセホテルのレストラン誠(ガルボン・ブエノ街425)で開催される。
 坂和三郎さん(サンパウロ日伯援護協会副会長、東京都友会会長)が同船者やその家族に参加を呼びかけている。
 今日まで五十四年間、集まりは開かれず、ほとんど連絡も取り合っていなかったが、「今までやろうやろうと考えていたんです。今年はサントスに着いた五月十日が日曜だからちょうど良いと思った」と坂和さん。
 同船には、海協連(現・国際協力機構)の大沢大作氏が移民船リーダーとして乗っており、また移民小説家の湯浅克衛氏も同船者の一人。オランダの貨客船でアフリカ周りだったために六十日もかかった。「サントス入港時、花火の音がすごくて大歓迎を受けてると勘違いした」という。
 「一緒に日本を離れ、船上で赤道祭などを祝った仲間はどのくらい年取ったんでしょうね。五十四年の時を超えて、親睦を温めあえたら嬉しいです」
 参加費は実費。希望者は坂和さん(電話=11・8344・7772)に連絡のこと。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]
  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]
  • 在聖総領事館=一世紀の節目を盛大に祝う=記念昼食会に360人駆けつけ2015年8月4日 在聖総領事館=一世紀の節目を盛大に祝う=記念昼食会に360人駆けつけ  「ちょうど100年前に始まった」―在サンパウロ日本国総領事館と関係の深いブラジル日本文化福祉協会やブラジル日本都道府県人会連合会、サンパウロ日伯援護協会などの日系団体や日系議員、日本政府関係団体、諸外国領事館関係者等、約360人が一堂に会し、同総領事館が設立から100年を […]