ホーム | 日系社会ニュース | 福祉センター・希望の家に=琉球國祭り太鼓が8千レ

福祉センター・希望の家に=琉球國祭り太鼓が8千レ

ニッケイ新聞 2009年5月6日付け

 エイサー太鼓団体「琉球國祭り太鼓」(浦崎直秀代表)は四月三十日、サンパウロ日伯援護協会が建設中の福祉センターと福祉協会「希望の家」に、四月五日にサンパウロ市アニェンビー国際会議場で開催した十周年記念公演「島に戻(むどぅ)てい」のスポンサー金の残りから、それぞれ四千レアルを寄付した。
 援協本部で行われた贈呈式には、浦崎代表、上原テーリオ公演実行委員長、上原武夫相談役が訪れ、浦崎代表から森口イナシオ援協会長、尾西貞夫副会長、上村ジャイロ希望の家理事長に手渡された。
 浦崎代表は、「皆さんのおかげで最高の公演になりました。温かい支援があるから私たちもこうして寄付ができます」と関係者に感謝を示して、「少ない額ですが本当に頑張ってくださいね」と二団体へ激励の言葉を贈った。
 祭り太鼓の一行は同日、ブラジル沖縄県人会へも二千レアルを寄付。また、公演当日に観客から寄せられた保存できる食料一・五トンを希望の家に寄付している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ごあいさつ2018年1月3日 ごあいさつ 謹んで新年のお慶び申し上げます=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。  海外最大の日系人集団地ブラジルは、節目の移民110年周年を迎えました。  県 […]
  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰2016年6月11日 第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰  ニッケイ新聞が主催する「第60回パウリスタ・スポーツ賞」が16日にサンパウロ市議会の貴賓室で行われる。コロニアおよびブラジル社会において、現役で活躍の選手や引退後の指導者、審判として、競技の振興や普及に尽力した功労者に対し、「特別賞」4人を含む22人を表彰するもの。今年60年 […]
  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]