ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2009年5月16日付け

 訪日中のカサビサンパウロ市長が明治大学で講演した。サンパウロと明治大学はあまり接点がなさそうだが、商学部の科目で学生がサンパウロ市の大学生とビデオ会議を行なうにあたりサンパウロ市と連絡をとったことがきっかけで実現したという。「本講演会は今後明治大学がラテンアメリカ諸国との連携を深めていく第一歩」と同大ホームページにはある。あらたな大学交流のきっかけになるか。
     ◎
 十四日にあった総領事館でのインフルエンザの説明会で、友好病院の医師がスライドを使用して丁寧に手の洗い方を説明。手がシンクに接しないように、石鹸をつけ指をこすり合わせるように爪・手首を四十~六十秒洗う。出来れば肘を使って蛇口を閉める、など。ドアノブや机、スイッチなど表面が滑らかな箇所にはウィルスは二十四時間以上生存するとか。色々な情報が飛び交っているが、手洗い・うがいの励行が一番の予防策か。
      ◎
 老人クラブ連合会の会報「ブラジル老壮の友」五月号によれば、どうやら今年に入って、老ク連会館はクッピンの被害に大わらわだったよう。二月には、「漆喰の一部が大音響とともに崩れ落」ち、「二階の一室の天井が膨らみ始めた」ため、部屋の住人が家具とともに隣室に避難したとか。現在でも一部改修が続いているようで、予算にも影響が出たが、関係者からは、「事故もなく必要な処置ができた」と安堵の声。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市職員汚職=多数の建築会社が関与か=収賄のやり口が明らかに=市役所内で賄賂支払い ?!=納税額は実際の10%のみ2013年11月30日 サンパウロ市職員汚職=多数の建築会社が関与か=収賄のやり口が明らかに=市役所内で賄賂支払い ?!=納税額は実際の10%のみ ニッケイ新聞 2013年11月2日  【既報関連】1日に報じた、サンパウロ市財政局元副局長を中心とした4人のサンパウロ市職員による5億レアル以上に及ぶ大型収賄事件で、検察局の調べや逮捕された市職員の供述などにより、毎週28万レアルもの賄賂を受け取っていたことが分かった。この賄賂 […]
  • ブラジル政治の基礎歴史=(2)=サンパウロ州の大物マルフの敗退=サルネイの反発で形勢不利に2013年9月28日 ブラジル政治の基礎歴史=(2)=サンパウロ州の大物マルフの敗退=サルネイの反発で形勢不利に ニッケイ新聞 2013年9月3日  1985年の大統領選挙は1月15日に議会の議員投票によって行われ、タンクレード・ネーヴェス氏(民主運動党・PMDB)がパウロ・マルフ候補(社会民主党・PDS=軍政擁護政党ARENAの後進)を破って勝利した。得票の内訳はタンクレード氏が480票 […]
  • 今週のおすすめ店=カーザ・クリー(サンパウロ市西部ペルジゼス)2013年7月31日 今週のおすすめ店=カーザ・クリー(サンパウロ市西部ペルジゼス) ニッケイ新聞 2013年7月6日  マルフ、カサビ、ハダジとアラブ系市長が数多く誕生していることからもわかるように、サンパウロ市にはアラブ移民が多く、その影響もあり、日常の食卓でもアラブ料理が並ぶことが珍しくない。それは今や、ブラジル料理そのものの仲間に入ってきていると言っても […]
  • 〃赦しの日〃が承認待ち=大田サンパウロ市議が活動報告2013年6月29日 〃赦しの日〃が承認待ち=大田サンパウロ市議が活動報告 ニッケイ新聞 2013年6月7日  昨年の地方統一選で、6万2693票を獲得し7位で当選した大田正高サンパウロ市議(PSD)が先月末に来社し、就任後5カ月の活動報告を行った。 […]
  • 東西南北2013年5月4日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年5月4日  2日、ルーラ前大統領は、労働者党(PT)からの14年のサンパウロ州知事選挙候補について、立候補を固辞しているアロイージオ・メルカダンテ教育相をあきらめていないとし、カサビ前サンパウロ市市長や、昨年の市長選3位のセウソ・ルッソマノ氏との同盟も模 […]