ホーム | 日系社会ニュース | 気仙沼全国俳句大会=宮城県人会で作品受付け=26日まで

気仙沼全国俳句大会=宮城県人会で作品受付け=26日まで

ニッケイ新聞 2009年6月3日付け

 「第二十一回気仙沼海の俳句全国大会」開催にあたって宮城県の気仙沼地方俳句協会からサンパウロみちのく俳句会(栃沢千秋代表)へ参加の呼びかけがあったことを受け、中沢宏一宮城県人会長(65、宮城)と栃沢代表(94、岩手)が案内に来社した。
 今年で二回目の参加だが、きっかけは百周年式典のおり、中沢会長が気仙沼地方俳句会に対して、サンパウロ仙台七夕祭俳句大会への投句を依頼したことから。昨年の大会では日本から二人が第四位と六位に入賞した。
 応募は宮城県人会に二十六日までに送ると大会事務局に送付してくれる。
 投句要領は、当季雑詠三句一組で、誰でも応募できる。原稿用紙で応募すること。投句料は無料。送り先は、「ブラジル宮城県人会」(住所R.Fagundes,152 Liberdade Sao Paulo CEP01508-030)。問い合わせは同会(電話=11・3209・3265)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 椰子樹=101年目は新機軸で=編集交代し、年4回に=「ブラジル短歌賞」を創設、募集2009年3月25日 椰子樹=101年目は新機軸で=編集交代し、年4回に=「ブラジル短歌賞」を創設、募集 ニッケイ新聞 2009年3月25日付け  昨年創立七十周年を迎えたコロニア唯一の短歌専門誌『椰子樹』(上妻博彦代表)では、移民百一年を機に、いくつかの刷新を図っている。 […]
  • 伊藤園=お~いお茶新俳句大賞=文協で応募受付け開始2009年12月24日 伊藤園=お~いお茶新俳句大賞=文協で応募受付け開始 ニッケイ新聞 2009年12月24日付け  第21回伊藤園お~いお茶新俳句大賞の2010年度作品募集が始まり、ブラジル日本文化福祉協会が窓口となって作品を受け付けている。 […]
  • 日本語センター=生徒作品コンクール=23日から作品受付け2009年3月11日 日本語センター=生徒作品コンクール=23日から作品受付け ニッケイ新聞 2009年3月11日付け  ブラジル日本語センター(谷広海理事長)は、「全伯日本語学校生徒作品コンクール」の作品を募集する。参加資格は同センターの会員日本語学校の生徒で、受付け期間は二十三日から四月十三日(当日必着)まで。 […]
  • ■訃報■大原妙子さん2009年12月19日 ■訃報■大原妙子さん ニッケイ新聞 2009年12月19日付け  サクラ中矢食品創立者故中矢末吉さんの長女で文協評議員会長大原毅氏夫人の大原妙子さんが、17日夕方、腎臓ガンのため入院先のサンタクルース病院で亡くなった。享年74歳。 […]
  • 伊藤園=お~いお茶新俳句大賞=文協で応募作品受付け2008年12月11日 伊藤園=お~いお茶新俳句大賞=文協で応募作品受付け ニッケイ新聞 2008年12月11日付け  第二十回伊藤園お~いお茶新俳句大賞の二〇〇九年度作品募集が十一月に始まった。ブラジルからは例年通り、ブラジル日本文化福祉協会が窓口となって作品を受け付けている。 […]