ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2009年11月27日付け

 アラゴアス病理センターが23日、サンパウロ市とリオ市にある病理研究所に、狂牛病の疑いで大学病院入院中の患者の生体サンプルを送付。保健省規定では、この種の病気は3カ所以上の病理研究所での検査が必要で、最初のサンプルは20日にレシフェ市内の病理研究所に送られている。患者はサントス港で仲仕として働いていた30歳の男性で、国外から輸入された牛肉を摂取した疑いがある。狂牛病感染が確認されれば、国内初の感染例となる。
     ◎
 コペンハーゲンでの国際環境会議(COP15)には60カ国以上の首脳が出席予定だが、25、26日に、米国が05年比17%、中国が同40~45%の温室効果ガス(CO2)削減目標提示と発表。一方、ブラジル下院は25日、無対策の場合は2020年に排出されるはずのCO2の36・1~38・9%削減との目標を承認。この数字は05年比15%の削減とされていたが、同年比20%削減を決めたサンパウロ州に対抗するためか、米中より少ないとの批判回避のためか、05年比25%削減との表現に変わった。25日にはブラジルの1990~2005年のCO2排出量は62%増加との報告もあっただけに、国民は政府の公約実行を監視する必要も。
     ◎
 サンパウロ市議会が25日、カサビ市長提出の170万戸に対する土地家屋税(IPTU)引き上げ案の第1回投票を行い、修正もないままで承認。12月2日の第2回投票でも承認されれば、2010年からのIPTU引き上げが決定する。免税対象家屋を、評価額6万1千レアルから9万2500レアルに変更など、恩恵を被る人もいるが、増税対象者には、頭痛の種がまた一つ増えそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2011年4月29日 東西南北 ニッケイ新聞 2011年4月29日付け […]
  • サンパウロ市=給食資金マフィアを摘発=3政権にわたり汚職継続=担当者や実業家は事実否定2011年4月7日 サンパウロ市=給食資金マフィアを摘発=3政権にわたり汚職継続=担当者や実業家は事実否定 ニッケイ新聞 2011年4月7日付け […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 東西南北2014年4月1日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年4月1日  3月30日に行われたサンパウロ州選手権準決勝で、イトゥアーノがパルメイラスに1―0で勝利する大金星で決勝戦に進出した。予選でサンパウロに勝利し、Bグループでコリンチャンスを蹴落として勝ち上がって来たイトゥアーノが、予選絶好調のパルメイラスまで […]
  • 東西南北2014年3月29日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月29日  27日夜、パウリスタ大通りでサッカーW杯開催に反対するマニフェスタソンが起こった。約1千人の参加者はコンソラソン通り付近からパライゾ方面に向けて行進をはじめ、ブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通りまで歩いた。参加者たちは「FIFAよ、出て […]