ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年11月14日

 12日付本紙でも報じた通り、9日朝にサンパウロ州モジ・ダス・クルゼスでバスに乗ろうとした63歳父親と5歳の娘の射殺事件が起きた。その後、夫と娘を亡くし、自身も3発の銃弾を浴びたナイルクレイデ・デュアルチさん(28)は、入院先の市内の病院で、自身と家族に銃弾を浴びせた犯人に再会した。その犯人は10日未明、喧嘩で銃弾を浴び、同じ病院の同じ病室に運ばれていた。犯人は瀕死の重体で、下半身不随の可能性もあるという。ナイルクレイデさんは市警に既に犯人の存在を認めている。思わぬ形での再会の際の、ナイルクレイデさんの複雑な心境やいかに。
     ◎
 若手黒人俳優アントニオ・フィルミーノ(34)が12日、リオ西部にある自宅で突然死した。現在、死因を究明中だが詳細はまだわかっていない。アントニオは男性モデルをつとめるほどの逞しい体つきの二枚目として知られ、「ドゥアス・カラス」(2008)「ヴィヴェール・ア・ヴィーダ」(2009)などのグローボ局の人気ドラマに出演。遺作となった同局の「サンゲ・ボン」は今月1日に放送を終了したばかりだった。
     ◎
 12日の全国選手権、2部優勝を狙ったパルメイラスは敵地での対パイサンドゥーに敗れ、2位のシャペコエンセがパラナに勝ったため、優勝はお預けとなった。パルメイラスとしては16日の次戦、パカエンブーでの対ボア・エスポルテ戦でサンパウロ市のファンの前で優勝を決めたいところ。なお17日には1部でクルゼイロの優勝が決定する可能性もある。

image_print

こちらの記事もどうぞ