ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2010年2月9日付け

 昨月2日間実施された職場体験学習の発表会が6日、サンパウロ日本人学校で開かれ、記者もニッケイ新聞で研修した生徒2人の発表を楽しみに足を運んだ。
 〝苦労と喜び〟を仕事の中に見出したと胸を張る、同校の中学生32人。報告会では平成学院やむつみ幼稚園など9事業所での体験が発表され、「仕事の達成感は疲れを吹っ飛ばした」「お父さんの大変さが分かった」といった素直な感想が聞こえた。
 近年日本で盛んな同行事、同校では00年に始まった。日本の社会を知ることを目的とし、受入先は進出企業か日系企業だという。
 各国の日本人学校でも同行事の実施は珍しく、ブラジルでは日系社会が大きく支えてきたようだ。
 同校教員は、「日系企業も日本の教育のためにと快く受け入れてくれます」と感謝を込める。移民102年目の成果をまた1つ見つけた。(裕)

image_print

こちらの記事もどうぞ