ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2010年4月16日付け

 サッカーのサンパウロ州選手権でトップを走るサントスが、14日のブラジル杯対グアラニ戦を8対1で制した。ネイマール5点、ロビーニョ2点、マルセル1点という試合結果は、創立98年の記念日のプレゼント? 日本選抜チーム監督を努めた事があるジーコが、ネイマールは選抜入りの資格ありと言った事もあり、本人も「どうやったら、南ア大会に行けるか」とロビーニョに聞いてみると言い出したとの話も。監督のドゥンガのメガネに適わなければ南ア行きはあり得ないが、18歳の野望とサントスFCの勢いはどこまで行くか。
     ◎
 14日に抽選が行われたメガ・セナで、6つの番号を当てたくじが1枚ある事が判明。リオ市で賭けたくじが当たったもので、所有者は1900万レアル余りの賞金を受取る事が出来る。番号5つが当たった228枚の賞金は7995レアル、番号4つが当たった1万枚余りの賞金は242レアル。今回の当選番号は11、13、27、34、46、49だった。
     ◎
 マンテガ経済相が15日、建築資材の減税処置を12月31日まで延長すると発表した。従来は6月30日で打ち切り予定だった減税処置の延長は、現場の需要と建築資材の値上り傾向などを見て判断したという。ルーラ政権が打出した「ミーニャ・カーザ、ミーニャ・ヴィダ(我が家、我が人生)」が、思ったほど進んでないとの報道もあった直後だけに、政策推進のためかと勘ぐりたくなるのは天邪鬼(あまのじゃく)か。水害の多発で、住宅建設や改修工事の必要度も高いだけに、市場は大歓迎する事だろうだが、ファヴェーラなどの危険地域からの移転用住居建設はいつまでに完了? バイア州でも集中豪雨で死者発生の報道も気がかりだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2014年4月23日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年4月23日  ブラジルでも〃ガボ〃の愛称で親しまれた文豪ガブリエル・ガルシア・マルケス氏の死に対し、ブラジルの有名人も次々と追悼の辞を捧げている。ジウマ大統領は「彼は子供に新しい世界を紹介するように読者を架空都市マコンドへと誘った」とし、ルーラ前大統領は […]
  • サントスFC100周年=黄金期はペレ時代だが現在復調=100年のベスト11は?2012年4月17日 サントスFC100周年=黄金期はペレ時代だが現在復調=100年のベスト11は? ニッケイ新聞 2012年4月17日付け  14日でサントスFCが創立100周年を迎えた。14日付伯字紙が報じている。 […]
  • サントスの主役はペレ=100周年行事で大いに語る2012年4月11日 サントスの主役はペレ=100周年行事で大いに語る ニッケイ新聞 2012年4月11日付け  9日に行われたサントスFC100周年記念イベントの席でペレが出席し、メッシやサントスのスタジアムの警備のことなどの本音を吐き話題となった。10日付伯字紙が報じている。 […]
  • 東西南北2011年12月17日 東西南北 ニッケイ新聞 2011年12月17日付け […]
  • 東西南北2010年5月13日 東西南北 ニッケイ新聞 2010年5月13日付け […]