ホーム | 日系社会ニュース | JICA=コロニアが千坂支所長送別会=「110周年で再会しましょう」

JICA=コロニアが千坂支所長送別会=「110周年で再会しましょう」

ニッケイ新聞 2010年4月16日付け

 2年の任期を終えて帰朝した千坂平通JICAサンパウロ支所長(59)の送別会が7日午後7時半からブラジル日本文化福祉協会貴賓室で開催された。文協、サンパウロ日伯援護協会、ブラジル日本都道府県連合会、日伯文化連盟(アリアンサ)の主催。
 千坂支所長・恵子夫人との別れに、小林雅彦在聖領事館首席領事、内山直明・国際交流基金聖日本文化センター所長、上原幸啓文協名誉会長、木多喜八郎文協会長、与儀昭雄県連会長、森口イナシオ援協会長、坂間カロリーナ・アリアンサ理事ら100人以上の日系団体関係者が出席。ノロエステ連合日伯文化協会の白石一資会長など遠方からも大勢駆けつけた。
 代表で送別の言葉を述べた森口援協会長は、「使命を持ち立派な働きをされたことに、援協や日系団体を代表して心から感謝を述べたい。定年後にブラジルに来て」とあいさつ。木多文協会長から千坂氏に記念プラッカ、恵子夫人に坂間アリアンサ理事から花束が贈呈された。
 約30年前にカンポ・グランデで2年間、2度目のブラジル赴任となった今回は08年4月から2年間勤務した千坂氏は、「日本国憲法の中に『国際社会において名誉ある地位を占めたい』とあるが、まさに百周年でそれを実感した」とブラジル社会から大祝福を受けた百周年を熱く振り返り、「お願いがある。110、120周年でも民族文化の中で(日系社会の)倫理や精神文化をアピールして欲しい。110周年の時はまだ70歳、再会を約束したい」と締めくくると、割れんばかりの拍手が送られた。
 与儀県連会長の音頭で乾杯し、和やかな雰囲気で最後のひと時を楽しんでいた。
 千坂氏の後任は、当面の間、芳賀克彦ブラジル事務所長が兼任する。千坂支所長着任前に約4年間続いた兼務状態に戻ることになる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ごあいさつ2018年1月3日 ごあいさつ 謹んで新年のお慶び申し上げます=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。  海外最大の日系人集団地ブラジルは、節目の移民110年周年を迎えました。  県 […]
  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰2016年6月11日 第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰  ニッケイ新聞が主催する「第60回パウリスタ・スポーツ賞」が16日にサンパウロ市議会の貴賓室で行われる。コロニアおよびブラジル社会において、現役で活躍の選手や引退後の指導者、審判として、競技の振興や普及に尽力した功労者に対し、「特別賞」4人を含む22人を表彰するもの。今年60年 […]
  • 2011年1月27日 リオ被災地緊急ルポ=SOS届け!支援の手=《1》=緊急事態に一致団結=日系家族を襲った悲劇 ニッケイ新聞 2011年1月27日付け  【リオ市発】「悪魔にやられた。こりゃ、日本の地震と同じだ」。昨年正月のイーリャ・グランデ島の土砂崩れに続き、今年もリオで悪夢が蘇えった。800人以上の死者を出した今回の大水害に現地日系家族も苦しみ、そんな怨嗟の声が聞こえる。リ […]