ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2010年7月9日付け

 2日に来伯したYKKの吉田忠裕社長は、5日にボンフィーノポリス・デ・ミナスのYKK農牧畜場を訪れた。今年創業25周年を迎える同農牧畜場は、コーヒーの木100万本、乳牛のホルスタインなども多数飼育。「カフェ・ボンフィーノ」のブランドで〃目の前焙煎〃と銘打って注文ごとに店頭で焙煎する店舗が東京都内に数カ所あり、今後の事業拡大も計画しているという。
     ◎
 毎年日本で開催される「世界こども図画展」はブラジルからの応募も多く、当地でもおなじみの行事。農協婦人部連合会(ADESC)を通して毎年200点ほど日本に送っているが、今年は応募作から金賞が2人も選ばれたという。受賞者はジュリア・マイ・サカタちゃん(6、たんぽぽ学園)、エルトン・ミノル・ホンダくん(13、タボン学園)。全世界で金賞は20人しかおらず、「快挙ですよ」と上芝原ADESC会長。
     ◎
 日本カントリークラブと山形県の間で進むサッカー交流。一昨年の訪日後、昨年3月には鶴岡東高の選手が来伯、来年には再び日本から高校チームを受け入れる考えだという。日本カントリーの選手の訪日費用はそれぞれの家庭が積み立てて負担しているが、父兄からも「(訪日の経験で)子供たちの態度が変わった」と好評で、次に14歳以上になる子供たちの親からも継続の要望が出ているそうだ。ブラジル国際交流協会では今後、サッカーに限らず、他のスポーツや観光など様々な分野で日伯・南米各国との交流を手伝っていく方針だという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選2016年10月27日 ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎信濃村のポルトガル人煙草干す鳩車に似て葦舟や湖は春アリアンサの鳳梨も供え念腹忌睦みつつ濁流越えて行きし蝶富士の絵の額の後に守宮棲む […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 百周年を記念してBR―369沿いに建設された大鳥居2015年7月7日 「日本人なくして北パラナの開拓なし」=州入植百周を盛大に祝う=前線基地だったカンバラ  パラナ日伯文化連合会(折笠リカルド力己知会長)が主催してパラナ州日本人入植百周年記念式典が13日にカンバラ市に約150人の日系団体代表が集まり、続いて翌週20日には慰霊祭がローランジャ市日本移民センターで盛大に挙行された。カンバラは北パラナの玄関口として、また〃足場〃とし […]
  • カンデラリア聖母教会2014年6月12日 イトゥー市へ来てください=歴史や特色ある工業都市=奥地探検隊が拓いた町  サンパウロ市から北西に約100キロに位置する閑静な町イトゥー。W杯期間中、日本代表チームがキャンプ地として使用する同市は人口約16万人で、日系人も多いほか、日本企業7社が工場を構えるなど日本とのつながりが深い。また、同市と名前の響きが似ており、観光都市という点でも共通点が […]