ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2010年10月9日付け

 まさか、まさか。サッカーで日本代表がブラジルの宿敵アルゼンチンに勝つとは。サッカー南アW杯の前までは誰も考えられないことが8日、日本で起きた。キリンチャレンジカップ2010の中で対戦し、1対0で快勝。前半19分に岡崎が決め、メッシとテーベスの猛攻をしのぎきった。8日昼のTV番組グローボエスポルテでは、さっそく「ご愁傷サマ」とばかりに繰り返しシュートシーンを放送し、憂さを晴らしていた。W杯の大舞台でパラグアイと実質引き分け試合を演じた自信が、弱腰だった日本のサッカーを変えた?!
     ◎
 毎週日曜日に格安で、第3日曜日には無料(2キロの保存食の持参)で診療を行なう東洋医学振興協会(ANDEMO)は鍼灸整体師受講生の募集を随時行なっている。週一回日曜日に午前、午後の授業に通い約3年ほどで各々の資格を得ることができる。現在は30人ほどが在籍。詳細は同会のホームページ(www.medicinaorientalandemo.com.br)まで。
     ◎
 60周年を祝うサンパウロ博物研究会。元会長の越村建治さんによれば、発足のきっかけは50年にリオで開かれた第5回国際微生物会議で、当時、自然科学を研究する栗原研究所の自然科学部長だった橋本梧郎氏が通訳を兼ねて出席。同会議に日本から参加した東大の田宮博理学博士をサンパウロ奥地に案内した際に設立のアイデアが出たところから始まったという。博研の名づけ親も田宮博士だとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ