ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2010年10月26日付け

 09年12月21日にサンパウロ市パウリスタ大通りのリヴラリア・クルツーラで暴漢に襲われたエンリッケ・デ・カルヴァーリョ・ペレイラさんが、22日未明に死亡した。しゃがみ込んで本を読んでいた時、野球バットで頭を殴られたもので、エンリッケさんは昏睡状態のまま10カ月間クリニカ病院集中治療室に。近くにアパートを借り、母は教師を休職、父も早退など、家族ぐるみで介護を続ける中、10回近い手術も行われたが助からなかった。22歳で逝った若きデザイナーの作った牛は、サンパウロ市のカウ・パレードにも出品された。
     ◎
 23日に70歳の誕生日を迎えた〃サッカーの王様〃ペレ。顕彰の意味で、23、24日のブラジル選手権の試合はペレ節と呼ばれ、ペレの名前と背番号10が書かれたユニフォームを来た選手も目立った。サントスでは、ファン投票で7割獲得のネイマールが、対グレミオ・プルデンテ戦に背番号70を背負って出場したが、ペナルティを決めそこなった。試合そのものも、最下位相手に前半の2点を守りきれず、3対2の逆転負け。
     ◎
 サンパウロ市とアンシュタイン病院が23~29日、イビラプエラ公園で脳血管障害(AVC)防止キャンペーン、〃ウン・エン・カダ・セイス〃実施中。脳溢血や脳卒中は世界でも2番目に多い死因で、6秒につき1人の命を奪っているという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジルサッカー》不遇のアーチスト、ガンソが国内復帰に前進2019年1月16日 《ブラジルサッカー》不遇のアーチスト、ガンソが国内復帰に前進  ブラジルサッカー界の人気選手、ガンソ(29)の国内復帰が有力視されている。  かつては「ネイマールの相棒」として知られ、サントスFCでは「ガンソがゲームを作り、ネイマールが点を取る」というパターンで2011年にはリベルタドーレス杯も制覇した。  その後は期待されてサンパウ […]
  • バルサの本命は誰?=獲得が噂されるブラジル人ミッドフィールダー2017年6月23日 バルサの本命は誰?=獲得が噂されるブラジル人ミッドフィールダー  サッカー・サイト「ゴール」とフォックス・スポーツが報じるところによると、世界的名門サッカークラブ、FCバルセロナは現在、2人のブラジル人ミッドフィールダー、パウリーニョ(広州恒大)とルーカス・リマ(サントス)と入団に向けた交渉を行っているという。  報道によると、より現実味 […]
  • 東西南北2018年3月8日 東西南北  6日午前、複数の市をまたいで走るEMTUのバスと、トラックがサンパウロ大都市圏エンブグアスーで衝突し、2人が死亡、25人が重軽傷を負う事故が起きた。同日午前8時30分頃、プレフェイト・ベント・ロジェール・ドミンゲス道のきついカーブの部分で、イタペセリカ・ダ・セーラ行きのバスが […]
  • 五輪優勝効果はあらわれるか?=9月1日にW杯南米予選再開2016年8月24日 五輪優勝効果はあらわれるか?=9月1日にW杯南米予選再開  20日に悲願の五輪入賞を果たしたのも束の間、来週9月1日にはもうW杯の南米予選がはじまる。それに伴い、22日、1日のエクアドル戦から指揮を執るチッチ新監督が、出場23選手を発表した。  そのメンバー選出には、五輪の影響が早くもにじみ出ている。フォワードには、ネイマール(バル […]
  • サッカーU17南米予選=ブラジルが快調に首位=怪物ヴィニシウス・ジュニオール大活躍2017年3月15日 サッカーU17南米予選=ブラジルが快調に首位=怪物ヴィニシウス・ジュニオール大活躍  現在、チリで開催中のサッカーのU17W杯南米予選で、ブラジル代表は決勝リーグの3試合目(全5試合)の時点で勝ち点7を獲得し、首位を快走している。  2月のU20W杯の南米予選は、土壇場で追いつかれる試合を3試合も行った結果、代表行きを逃していたが、その代表より3歳若いU17 […]