ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2010年10月28日付け

 ボリビアで唯一のマカダミア栽培を行なうサンフアン移住地。3年ほどで実がつき始めるが、収益が出るには10年ほどかかるので根気が必要。日系以外に広まらないのは、「待ちきれない」という理由もあるよう。一方、最近は同移住地の日本人の土地に入り込んでコカイン精製工場を作る輩もいるそうだ。「生産者同士で通報し合っているけど、建てて2カ月くらいで移るから発見できない」と農協関係者。
     ◎
 97年の事件以来、太田夫妻は子供への暴力事件が起きるたびにグローボのニュース番組やベージャ誌、伯字紙に取材されてコメントをのべているので、どこかで見たことのある人も多いはず。今回の選挙で、日系政治家としては前人未到の21万票も獲得したのは、今までの活動が一般社会から高く評価されたから。昨年までは夫が出馬予定だったが帰化手続きが間に合わず、妻の方が立候補することになったとか。常に刑法を厳しくするよう世論に訴えてきたが政治家はなぜか積極的に動かなかったという。治安の酷さが頭にきている人は多い。日系の力で刑法に風穴を!

image_print

こちらの記事もどうぞ