ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2010年10月30日付け

 コチア青年らが海の荒波を乗り切りサントスに着いてから55年。総勢2508名が農地に挑みバタタや花卉、野菜などを栽培し近頃は牧畜に進出する「青年」も増えているし、このブラジルの大地にしっかりと根を下ろし活躍しているのは悦ばしい。槍投げでブラジルの新記録を出した馬場亮次さんや相撲の桑鶴忠志さんらがスポーツ界で活躍しているのも、いかにも南米の大陸らしくて楽しい▼もう40数年も昔になるけれども、邦字紙の駆け出しの頃は、コチアや南伯などの組合を回るのが義務のようなものだった。農協などまったく知らないし、大急ぎで日本から本を数冊取り寄せて俄か勉強し、組合の幹部らと丁々発止と渡り合ったりもしたが、いろいろと教わることが多かった。あの当時のコチアの理事は、戦時中の産業青年運動などで鍛えられていたので若い記者にも懇切丁寧に説明してくれ本当に有難い記憶が今も胸底に生きている▼いろんな苦労もあったが、楽しい話も多い。なかでも花嫁移民の取材は、格別なものであり、慣れない手つきで農作業に取り組む花嫁の姿には感嘆し黙って深く頭を下げるしかなかった。理事の相川政男氏の協力を得てのルポだが、ヴァ・グランデの日比野勝彦さん、アチバイの地坂満夫さんらの奥さんは、花嫁の暮らしぶりをとても朗らかに語ってくれた▼写真で「見合い」して結ばれた花嫁は500人近いそうだし、昨年は第一回から数えて50周年。こういう若い人たちの相談や世話役をも務めたのは古関のりこさんだったが、相川理事や日比野、地坂、桑鶴さんらも―もうこの世にはいない。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 思い出=リベイロン・プレット 大河政義2015年8月4日 思い出=リベイロン・プレット 大河政義  1960年3月13日サントス着の『ブラジル丸』で移住してきた人達が、去る3月13日金曜日にサンパウロの群馬県人会に集い、午前10時から午後3時まで、55年間の歩みを回顧しながら大いに食べ飲みしながら楽しいひと時を過した。今度の集まりにも、コチア青年移民の人達が6名と多く、 […]
  • 山村敏明さん2014年1月10日 日本移植民の原点探る=レジストロ地方入植百周年 ◇戦後編◇ (100)=一世風靡したゴザ産業勃興=戦後移民の活躍始まる50年代 ニッケイ新聞 2014年1月10日 「毎朝のように9時頃、特攻隊の飛行機が南洋に向かって飛んでいく。屋根に登って、オヤジと一緒に手を振ってそれを見送るのが日課でした」。レジストロ百周年実行委員長の山村敏明さん(72、鹿児島)は、数少ない故郷での幼少期の思い出をそう振り返る。 […]
  • 2013年12月21日 救済会60周年と憩の園55周年 ニッケイ新聞 2013年12月21日 71年間も救済活動続け=戦中から邦人救護に専心  救済会の正式発足は1953年だが、その前身である「サンパウロ市カトリック日本人救済会」は1942年6月、戦争中にその活動を開始していた。コチア産業組合中央会のような食糧供給の国家的役割を担っ […]
  • 2013年11月30日 ミナス州議会=白浜さんにコメンダドール顕彰=「アグロ・マキナス」を創業=農業指導の貢献評価され ニッケイ新聞 2013年11月14日 写真=賞状を手にする白浜さんと妻・輝子さん […]
  • 大耳小耳2013年7月12日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年7月12日  サントスの日本語教室への取材は、ロドヴィアリアからタクシーで。やけに愛想の良い運転手だったが発進してもメーターをつけない。要求しても言い訳したり、話を変えるなど結局目的地までそのまま。請求金額は20レアル、「10分も乗っていないのに高い」と […]