ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2010年12月4日付け

 パラナ州の刑務所に居たコマンド・ヴェルメーリョ(CV)幹部らを訪問し、リオ市内の部下達への指示を伝えていたと見られる弁護士3人に対し、リオ州の弁護士会が90日間の職務停止処分を決めた。11月26日に逮捕状も出、断罪されれば最高15年の刑を受ける可能性のある3人は皆逃亡中だ。危険度の高い人物を収監する国の刑務所への訪問を制限する動きもある中で出た2日の決定は、法の専門家の行動に不審の目が行く報道の影響を断ち切り、弁護士全般への信頼感を保つためにとられたものだろう。エリーザ・サムージオさん失踪事件の容疑者側弁護士も麻薬常用者と判り職務停止となったが、犯罪者にも弁護を受ける権利を保障する事と犯罪に加担する事は別物のはずだ。
     ◎
 5日のブラジル選手権最終節。26年ぶりの優勝の望みを託すフルミネンセと、100周年の記念の年の最後のタイトル奪取の夢を捨てていないコリンチアンス、他の2チームが負ければ、優勝の可能性を残すクルゼイロのそれぞれが、最後の調整を行っている。コリンチアンスが優勝して喜ぶ顔を見たくないサンパウロやパルメイラス、サントスなどのファンもフルミネンセを応援というから、サンパウロ州は一気にフルミネンセ応援団が増えた事になるが、さて、5日の夜、勝利の美酒に酔いしれるチームはどこ?

image_print

こちらの記事もどうぞ