ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 この週末は、3月31日を巡る議論でブラジルの世論が二分された。一方では、ブラジルを代表するベストセラー作家のパウロ・コエーリョが、これまでほとんど公に語って来なかった、軍政下で拷問を受けた過去を告白するなど、軍政時代の新たな証言がメディアに上った。だが、その一方で、そういった話をせせら笑うことで意固地に反発するボウソナロ派の人たちの姿も少なくなかった。人が痛めつけられた話に対する反応としては失礼な態度もずいぶん見受けられたが、その一方、街角で軍政を礼賛する行動を起こした人はかなり少なかった。これが一体何を意味するのか。その答えが明らかになるのはもう少し先か。

     ◎

 3月で本格的な雨季も終わった。3月31日午前9時現在のカンタレイラ水系の水位は55・2%で、前年同日の54・2%より気持ち、水位が上がった。他の水系の水位が軒並み90%を超えているように、今雨季はかなり雨が降った。カンタレイラももう少し増えているかと思ったが、僅かな上昇に止まった。ただ、雨季の水位上昇も重要だが、乾季に水位が目減りするか否かも重要なポイントだ。昨乾季のような極端な少雨は勘弁願いたいが。

     ◎

 先週末のサッカーのサンパウロ州選手権、準決勝の第1試合。サンパウロ対パルメイラスは両者決め手に欠け、引き分け。一方、コリンチャンスは2―1でサントスに先勝した。第2戦は7日にパルメイラス対サンパウロ戦がアリアンツ・パルケで、8日にサントス対コリンチャンス戦がパカエンブー・スタジアムで行われる。

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年3月26日 東西南北  サンパウロ州保安局の最新データによると、乗り物を利用していた際の性犯罪が急増しているという。2018年と2017年では共に241件と動きはなかったが、2008年の66件と比べると、約3・6倍となっている。昨年の場合、最も多かったのが「痴漢」の132件で、51件が強姦行為、38 […]
  • 東西南北2019年3月12日 東西南北  「ブラジルはカーニバルが終わらないと年がはじまらない」とは、昔からよく言われているが、今年のサンパウロ州議会は、15日にようやくスタートする。今年からはじまる同州議会では、ジョアン・ドリア州知事の民主社会党(PSDB)が19人から8人へと大きく議席を落とし、ボウソナロ大統領の […]
  • 東西南北2019年3月23日 東西南北  21日、ボウソナロ大統領は64歳の誕生日を迎えた。多忙な大統領は米国訪問後、誕生日にチリに発った。その忙しい最中、ボウソナロ氏は自身のフェイスブックで動画を介し、やはり21日の「世界ダウン症の日」に関する生中継メッセージを送った。だが、ここ連日、何かと失態の多い大統領は、ここ […]
  • 《ブラジルサッカー》代表の親善試合期間中に3連戦=主力3人を欠くサントスはピンチ2019年3月20日 《ブラジルサッカー》代表の親善試合期間中に3連戦=主力3人を欠くサントスはピンチ  3月下旬の国際マッチデーウィークは、世界中の代表チームが一斉に親善試合を行う。  ブラジル代表は3月23日にパナマ戦(ポルトガル、ポルト)、26日にチェコ戦(チェコ、プラハ)の2試合を戦う。  6月にコパアメリカを控えている南米諸国は全て、大会前の貴重な機会として […]
  • 東西南北2019年3月29日 東西南北  27日、問題続きの教育相リカルド・ヴェレス・ロドリゲス氏が下院の委員会に参加した。2月には、「学校での国歌斉唱の録画提出」を要求する手紙を全国に送り、大不評。3月には、ボウソナロ大統領の極右思想の師匠オラーヴォ・デ・カルヴァーリョ氏との確執から教育省内の人事更迭を繰り返してい […]