ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 エドゥアルド・ボウソナロ下議(大統領の三男)は27日、5月に米国で起きたジョージ・フロイドさん殺害事件で、「死因は警官の暴力による窒息死ではなく薬物中毒死」という、検死結果とは異なる“仮説”を拡散し、「全米で盛り上がる黒人の命の保護を訴える運動『ブラック・ライヴス・マター』はテロリストの陰謀」との見解を示した。奇しくも米国ウィスコンシン州で、無抵抗の黒人男性が白人警官から7発の銃弾を受けたことに対する抗議の際、白人優越主義者の17歳の少年が抗議者2人を銃殺し、国際的な社会問題になっている最中でのこと。自分と蜜月関係を報じられている米国極右の大物のスティーヴ・バノン氏の逮捕に関して、同下議は無言のままだ。
     ◎
 音楽プロデューサー、作曲家として知られるアルナルド・サッコマニが27日、サンパウロ州インダイアトゥーバ市の自宅で亡くなった。71歳だった。腎不全と糖尿病を患っていた。サッコマニは60年代から音楽活動をはじめ、ヒタ・リーやチム・マイアといったブラジルを代表する大物歌手のプロデュースを手がけ、メキシコの国民歌手ルイス・ミゲルとの仕事でも知られていた。晩年はSBT局のオーディション番組の審査員としても知られ、それが最後の仕事となった。 
     ◎
 26日のサッカーの全国選手権、本拠地モルンビーでのアトレチコ・パラナエンセ戦に臨んだサンパウロは、今季から新加入したルシアノの決めた得点を守りきり、1―0で勝利を収めた。これにより、サンパウロは3位に浮上した。一方、コリンチャンスは、元サンパウロの英雄、ロジェリオ・セニが監督をつとめるフォルタレーザを相手に1―1で引き分けた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボウソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]
  • 東西南北2020年9月12日 東西南北  10日、サンパウロ市は今年に入って2番めに高い33・4度を記録した。今年の最高気温は1月27日に記録した33・7度だ。普通、年間の最高気温は夏季の1月もしくは2月に記録されるが、以前から9月もしくは10月に気温が急に高くなることは決して少なくなく、今年も4日に32・5度を記録 […]
  • 東西南北2020年9月10日 東西南北  8日午後4時頃、サンパウロ市地下鉄5号線のアドルフォ・ピニェイロ駅の券売所の傍で、男性が女性を人質にとる事件が起きた。現場に駆け付けた軍警の特殊戦術行動隊が、犯人と交渉を行った結果、2時間以上を経た午後6時10分に女性は無傷で解放された。女性の背後に回って喉元にナイフを突きつ […]
  • 東西南北2020年9月9日 東西南北  5日から続いた3連休。予想されていたとはいえ、3日とも天候が良かったところが多かったことで、海岸は全国的に大勢の人でにぎわった。それだけでなく、バーやレストラン、公園でも、人が多く見られた。サンパウロ市などでは5月に、祝日前倒しの「フェリアドン」を導入し、「休みを生かして外に […]
  • 東西南北2020年9月5日 東西南北  サンパウロ州検察局の教育部門担当検察官のダニエル・セーラ・アズル・ギマリャンエス氏が、州内の学校再開に関して「10月再開は非常に難しい」との見解を示した。だが、ジョアン・ドリア州知事は10月7日の再開を目指している。それに関し、「州が再開する際に求めている器具や衛生状態を10 […]