ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 エドゥアルド・ボルソナロ下議(大統領の三男)は27日、5月に米国で起きたジョージ・フロイドさん殺害事件で、「死因は警官の暴力による窒息死ではなく薬物中毒死」という、検死結果とは異なる“仮説”を拡散し、「全米で盛り上がる黒人の命の保護を訴える運動『ブラック・ライヴス・マター』はテロリストの陰謀」との見解を示した。奇しくも米国ウィスコンシン州で、無抵抗の黒人男性が白人警官から7発の銃弾を受けたことに対する抗議の際、白人優越主義者の17歳の少年が抗議者2人を銃殺し、国際的な社会問題になっている最中でのこと。自分と蜜月関係を報じられている米国極右の大物のスティーヴ・バノン氏の逮捕に関して、同下議は無言のままだ。
     ◎
 音楽プロデューサー、作曲家として知られるアルナルド・サッコマニが27日、サンパウロ州インダイアトゥーバ市の自宅で亡くなった。71歳だった。腎不全と糖尿病を患っていた。サッコマニは60年代から音楽活動をはじめ、ヒタ・リーやチム・マイアといったブラジルを代表する大物歌手のプロデュースを手がけ、メキシコの国民歌手ルイス・ミゲルとの仕事でも知られていた。晩年はSBT局のオーディション番組の審査員としても知られ、それが最後の仕事となった。 
     ◎
 26日のサッカーの全国選手権、本拠地モルンビーでのアトレチコ・パラナエンセ戦に臨んだサンパウロは、今季から新加入したルシアノの決めた得点を守りきり、1―0で勝利を収めた。これにより、サンパウロは3位に浮上した。一方、コリンチャンスは、元サンパウロの英雄、ロジェリオ・セニが監督をつとめるフォルタレーザを相手に1―1で引き分けた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボルソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]
  • 東西南北2020年9月4日 東西南北  ネット調査団体「GPSイデオロジコ」の調査によると、1年前は極右よりだったツイッター上の政治に関するインフルエンサー(意見が影響力を持つ人)が、中道寄りにシフトしてきているという。その現象は、ジョイセ・ハッセルマン下議やウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事といった、ボルソナロ […]
  • 東西南北2020年8月26日 東西南北  25日午前、ツイッター上では「マジュ・メンチローザ」のハッシュタグが大量に上がった。それは、グローボ局の昼ニュース「ジョルナル・オージ」で「ブラジルで11万7千人が亡くなっているときにボルソナロ大統領は『コロナに勝ったブラジル』というイベントに参加していた」と報じたことをボル […]
  • 東西南北2020年8月15日 東西南北  ダッタフォーリャの最新の世論調査が発表され、ボルソナロ政権への支持率が37%に上がり、不支持率が46%から34%に下がった。前回の調査は6月20日だったが、その間に何があったかと言えば、大統領自身のコロナウイルス感染による隔離が2週間ほどあったこと。それに加えて、罷免を恐れて […]