ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2010年12月11日付け

 警察によるリオのファベーラ制圧のニュースは世界中を駆け巡ったらしく、「リオは危険」との印象を強く与え、観光客が激減しているとか。リオのある日本人観光客のガイド関係者は「今月のお客さんゼロですよ、ゼロ」と肩を落とす。普段ならリオ国際空港に20人ぐらい群がっている中国人ガイドも「あれからまったく姿を消した」とか。国内在住者にとってはあれでリオの治安は良くなると分かっているが、右も左も分からない外国人客には「装甲車が出て銃撃戦」というだけで近寄らない方がいい、となる。来年のリオのカーニバル予約が入る微妙な時期だけに、観光業者筋はヒヤヒヤしながら見ているよう。
     ◎
 ブラジル日本会議の主要事業の一つが、日本で昔から語り継がれてきた話を一冊にした「嵐の中の灯台」を通じた日本の道徳、倫理の普及。昨年10月には念願のポ語版(一冊40レアル)を出版。今年7月には州教育局で贈呈式を行うなど、地道ながら着実に続いている。小森広理事長、小山昭朗理事によれば、まだ残部があるそうで、「人として守るべき道徳が書かれている。子ども達のためになるもの」とクリスマス贈答用の購入を呼びかけている。
     ◎
 岩手県人会の会報がPDF版でパソコンでも読めるようになり、本紙へも送られてきた。12月発行号の中に、「領事館に死亡届を」という囲み記事。最近、同県出身者で亡くなった人の親戚や役所から県人会に問い合わせがあるそうだ。届けが出ていないと役所では生きていることになり、財産整理や土地関係などの処理ができない。現住所が分からないので、県人会の方へ問い合わせが行くのだろう。今年話題になった100歳、200歳の超高齢者のようなことにもなりうる。岩手県人一世で亡くなった人がいたら一報を、と呼びかけている。これも県人会だからできる手伝いの一つか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特別寄稿=16世紀の日本人女性奴隷哀史=サルバドールに「女官」いた?=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2020年10月31日 特別寄稿=16世紀の日本人女性奴隷哀史=サルバドールに「女官」いた?=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子  「16世紀ごろに、日本人が奴隷としてヨーロッパ人に売られていた」。このような歴史的事実を、現代日本人がどのくらい知っているだろうか。  去る10月20日付けニッケイ新聞「樹海」拡大版、深沢編集長による「16世紀に南米へ来た日本人奴隷とユダヤ教徒」を読んだ。「南米に渡った日本 […]
  • 第35回武本文学賞を総括して=作品にコロニア語を使おう=ブラジル日系文学会長 中田みちよ2018年1月10日 第35回武本文学賞を総括して=作品にコロニア語を使おう=ブラジル日系文学会長 中田みちよ  「武本文学賞」というのは、日系社会の文学活動を創立時からささえてきた武本由夫(1983年逝去)を顕彰して設置されたものである。83年に募集され第一回発表が1984年発行の「ブラジル日系文学15号」誌上、その後35年間継続されてきている。  そして2015年には創刊5 […]
  • コラム 樹海2014年3月22日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月22日  南マットグロッソ州都カンポグランデ市を訪れた。今年、日本人入植から100年を迎え、カンポグランデを通って入植が始まったボリビア・オキナワ移住地も60周年の節目。母県からの慶祝団の訪問もあることから、お互いの行き来も今後あるようだ。市の無形 […]
  • 琉球民謡保存会「ニセーター」の演奏2014年3月14日 さんしんの日に約3百人=民謡師範、上達を実感 ニッケイ新聞 2014年3月14日 沖縄芸能イベント『第9回さんしんの日』が2日、沖縄県人会館で開かれ、約300人が来場した。野村流音楽協会、野村流古典音楽保存会、琉球民謡協会、琉球民謡保存会の各ブラジル支部の共催。 首里城が大きく描かれた舞台で、古典、民謡、太鼓あわせて1 […]
  • 大耳小耳2014年3月1日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月1日  支援委員会は特設サイトに掲載する、広告スポンサーも募集している。サイトは7月までの公開で一区画600レ。問い合わせは文協(11・3208・1755)、援協(同・3274・6484)、県連(同・3277・6108)のいずれか。この安価な値段に […]