ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2011年4月8日付け

 ここ一週間ほどで立て続けに、百周年を機に復活した日系団体に遭遇し、深い感銘を受けた。サンカルロス日伯協会とウバツーバ日伯文化協会だ。今は、長い黄昏を経た「生まれ変わりの時」なのだと感じる。双方とも一世中心の活動を90年代に停止させ、百周年の前年から二世層を中心に再出発した▼おもえば90年代半ばにコロニアは続けざまに屋台骨を失った。デカセギブームによって青年層がこぞって訪日就労し、空洞化が騒がれた。あの時、日系団体の幾つかは蝋燭の火が消えるように静かに息を引き取っていたのだ▼百周年というブラジル社会を巻き込んだ巨大イベントは、それまで無関心だった二世層に「自分たちも日系人として何かお祝いせねば」との自覚を呼び覚ました。同様の経緯を経た日系団体は数多くあるに違いない。百周年が残した最大の遺産はこの〃自覚の覚醒〃かもしれない▼最初からポ語の世界としてスタートしている点が興味深い。従来、一世は言葉が分らないから親睦と相互扶助のために団体を作ったが、二世は言葉に問題ないから助け合う必要がなく団体に入らないと言われてきた。それが見事に否定された▼今のブラジル社会は文化的な多様性を尊重する気風が強い。「日系人は日本文化という特性、個性を持っている」とのイメージが一世の努力で一般社会に定着しており、二世はそれに応えようとしている▼一世から直にバトンタッチできなかったことは無念だが、再生の動きは歓迎すべきだ。一世が多いサンパウロ市周辺より、地方部の特徴かもしれない。再生団体においては現リーダーの子供の時代、この先半世紀は続くに違いない。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》「日本語勉強すれば幸せになれる」多文化論2020年12月22日 《記者コラム》「日本語勉強すれば幸せになれる」多文化論  「なぜブラジルで日本語を勉強するのか?」――19日午前、オンラインで南米全伯日本語教育会議のプレ会議が行われ、50人以上が参加して日本語教育の将来を熱心に討議した。来年2月27日実施予定の本会議の予備会合という位置づけだ。  閉会式の挨拶で、主催したブラジル日本語セ […]
  • デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も2019年9月27日 デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も  「こんなことをしてくれる会社は、他に聞いたことないね」――「グルメデリカ」(本社=埼玉県所沢市)に派遣されている日系人労働者の留守家族を集めた22回目の南米懇親会が21日夜、サンパウロ市のニッケイパラセ・ホテルで開催され、そんな感想があちこちで聞かれた。グルメデリカ社 […]
  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、サンパウロ市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • 令和時代を目前に、日系社会へのお言葉を振り返る2019年4月2日 令和時代を目前に、日系社会へのお言葉を振り返る  4月30日に今上天皇が退位され、5月1日から新天皇が即位して「令和(Reiwa)」時代が始まる。  この新元号の出典は現存する日本最古の古典「万葉集」の序文にある梅の花の歌、「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」という和歌か […]
  • 飯星下議=マリリアと泉佐野市が姉妹都市に=最後の訪日、四世ビザ緩和訴え2018年12月4日 飯星下議=マリリアと泉佐野市が姉妹都市に=最後の訪日、四世ビザ緩和訴え  年度末で任期満了を迎える飯星ワルテル連邦下院議員(PSD)は先月13~18日の間、日本への最後の公式訪問を行った。マリリア市と大阪府泉佐野市との姉妹都市協定調印式に出席したほか、麻生太郎副総理や河村建夫衆議と会談し、四世ビザの要件緩和を訴えた。そのほか、日系ブラジル人 […]