ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2011年6月14日付け

 今月4、5日に開催されたレジストロ寿司祭りに先立ち行われた『イグアッペ植民地入植100年記念祭』のロゴマークコンクールには、18作品が寄せられた。その中から選ばれた10作品が今月15〜30日までKKKKで展示され、来場者は自由に投票できる。同地が一世紀の節目を迎えるのは13年。着々と準備は進んでいるようだ。
     ◎
 サンパウロ人文科学研究所では、サイト(www.100nen.com.br/ja/jinmonken)で活動の内容や日系社会に名を残した人物を定期的に紹介している。更新の配信をメーリング・リストで受けることができる。登録をご希望の方は、氏名、所属、関心、居住地域、メールアドレス記入の上、人文研(contato@cenb.org.br)まで。
     ◎
 サンパウロ市から内陸部に入ると、広がるサトウキビ畑を目にする。もちろんエタノールの原料だが、沖縄では「サトウキビごはん」が腸内の老廃物を出すとして注目を集めている。汁を絞り出した後のカスを爆砕発行処理で粉状にするさい、腸内改善効果が期待できるキシロオリゴ糖が蓄積される。ご飯だけでなく、パンやクッキーに混ぜてもいいのだとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 百周年を記念してBR―369沿いに建設された大鳥居2015年7月7日 「日本人なくして北パラナの開拓なし」=州入植百周を盛大に祝う=前線基地だったカンバラ  パラナ日伯文化連合会(折笠リカルド力己知会長)が主催してパラナ州日本人入植百周年記念式典が13日にカンバラ市に約150人の日系団体代表が集まり、続いて翌週20日には慰霊祭がローランジャ市日本移民センターで盛大に挙行された。カンバラは北パラナの玄関口として、また〃足場〃とし […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(100)2014年2月18日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(100) ニッケイ新聞 2014年2月18日 車はサンパウロから三百キロ地点で、別の街道に入った。地平線まで真っすぐに伸びたハイウェーは、二、三キロメートルくらいの間隔で上下にうねり、景色は牧場と、バイオ燃料のエタノールの原料として注目されているサトウキビ畑が地平線まで単調に続いた。 […]
  • 後退始めるエタノール車=投資が足りずサトウキビ不足2011年5月24日 後退始めるエタノール車=投資が足りずサトウキビ不足 ニッケイ新聞 2011年5月24日付け  新しいアルコール製造工場やサトウキビ栽培の増加などへの投資が足りないため、エタノール業界はバイオ燃料車の増加から来る需要を満たすのが困難になると、23日付エスタード紙が報じた。 […]
  • 値上り続くエタノール=今年3カ月間で19%も=ガソリンの使用が効率的2011年3月26日 値上り続くエタノール=今年3カ月間で19%も=ガソリンの使用が効率的 ニッケイ新聞 2011年3月26日付け  サンパウロ州のエタノール(アルコール)の価格が今年に入ってから19%上昇しており、3月の配送元の売上も1、2月比で40%減少と24日付伯字紙が報じた。 […]
  • 値下がり続くエタノール=ガソリン混合率引上げか2010年4月1日 値下がり続くエタノール=ガソリン混合率引上げか ニッケイ新聞 2010年4月1日付け  雨によるサトウキビ収穫の遅れや収量減、国際的な砂糖不足などで国内供給にも支障をきたし、値上がり続きだったエタノールが、値下がりに歯止めがかからない状態になっている。 […]