ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2011年8月11日付け

 2010年8月10日に行なわれた米国との親善試合に2対0で勝ち、代表監督デビュー戦勝利という華々しいスタートを切ったマノ・メネーゼス監督。それから丁度1年経つ記念すべき日に行なわれるドイツとの親善試合は、初出場組選手を試す機会でもある。1年前の試合で全米の注目を集めたネイマールは、のどの痛みや微熱で出場が危ぶまれていたが、先発出場。南米選手権敗退のショックは、仇敵相手に晴らせるか。
     ◎
 1964年からサンパウロ市の動物園に居たカバのテテイアは、長患いの後、5日に安楽死したが、その様子を逐一見ていた娘のシニーニョが2日間何も食べなかったと10日付フォーリャ紙。前日食べずに残っていた餌を食べ始めたのは7日夜。テテイアが生んだ10頭の子の末っ子で、最後まで母親と居た10歳のシニーニョが母を偲んで見せた人間並みの行動は予想されていたという。動物園は一人(?)になったシニーニョの同居者を誰にするかを検討中だ。
     ◎
 胃の縮小手術が1年でほぼ倍増—。09年に3万5千件だった肥満対策の手術が10年には6万件行われ、2003年比では270%増の世界2位。米国の30万件には到底及ばないが、体重割る身長の2乗が40以上か、30〜35でも糖尿や睡眠時無呼吸症候群などがある人対象の手術実施率は2%程度とか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ歌壇(521)=上妻博彦 選2016年9月23日 ニッケイ歌壇(521)=上妻博彦 選 サンパウロ  梅崎嘉明基地移転くり返し政府に訴える翁長知事の執念は良し基地のため繰り返さるる暴行に県民の怒り思いやるべしよそくにに寄与融資の金なれば沖縄基地の移転につくせだめ押しの政治をさけて県民の意を汲み平和な国つくるべし裁判は県民を窮地におとしめる判決なすな博愛を知れ […]
  • パッセ 2=〃救世主〃ニシムラ有名に2014年6月19日 パッセ 2=〃救世主〃ニシムラ有名に  「ニシムラ」という名前が一気にブラジルで有名になった。もちろんW杯開幕戦の西村雄一主審だ。日本人が当地メディアの話題に上るとき、その評判が良いか悪いかは、当地在住者としては大変に気になるところだ。 ズバリ言って、今回は大変評判がいい。繁華街のスポーツバーで観戦した弊紙記者 […]
  • 主力6人に黄信号?=ブラジル・セレソンの現状2014年4月24日 主力6人に黄信号?=ブラジル・セレソンの現状 ニッケイ新聞 2014年4月24日  地元開催となる6月からのサッカー・ワールドカップで優勝を狙いたいブラジルの代表チーム(セレソン)だが、23日付フォーリャ紙が「レギュラーたちが試練のときを迎えている」との見出しで記事を組んだ。それによると、レギュラーと目されている11人のう […]
  • サッカー全国選手権が19日開幕=今年のブラジルを制すのは?2014年4月18日 サッカー全国選手権が19日開幕=今年のブラジルを制すのは? ニッケイ新聞 2014年4月18日  ブラジルの国内での最大の大会、「ブラジレイロン」こと全国選手権が今週末の19日から開幕する。 サンパウロ州選手権をはじめとする、全国27州での州選手権が13日に終わったばかりだが、休む間もなく、今度は全国選手権がはじまる。 この全国選手権は […]
  • 黄色と緑に囲まれ20年=W杯で願を掛けた弁護士2014年4月12日 黄色と緑に囲まれ20年=W杯で願を掛けた弁護士 ニッケイ新聞 2014年4月12日  サンパウロ州カンピーナス市に、1994年のワールドカップで優勝祈願をし、それが叶って以来、20年間、何から何までブラジルカラーという弁護士がいる。 ネルソン・パヴィオッチさんは、94年のW杯でブラジルが優勝したら自分の人生を黄色と緑で染める […]