ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ジウマ大統領は7日、13日にリオのマラカナン・スタジアムで行なわれるサッカーW杯決勝戦で、優勝チームのキャプテンに優勝杯を授ける役割を果たすことを宣言した。昨年のコンフェデ杯決勝にはスタジアムに姿を現さず、W杯の開幕試合では観客から野次も受けた同大統領は、「野次が私を強くした」と語っている。また、ジウマ大統領は、両手でTの字を組んだ写真を公表したことで話題を呼んでいる。これはネイマールが得点した際によくするポーズで、代表チームの選手たちが、骨折で試合に出られない彼への連帯を示す意味で取り続けているものだが、大統領もその連帯の輪に加わった形だ。
     ◎
 聖市観光局の発表によると、W杯開幕の6月12日から同月30日のあいだに同市には12万1千人の外国人が訪れたという。内訳はアルゼンチン人が31・71%で圧倒的に多く、以下チリ人(17・77%)、ウルグアイ人(8・01%)、コロンビア人(5・05%)と続いている。今日の準決勝第2試合はイタケロンで行なわれ、アルゼンチンがオランダを相手に戦う。同国は、今月1日の決勝トーナメント第1戦もイタケロンで戦った。
     ◎
 7日未明、聖市東部ヴィラ・ジャクイで14歳と15歳の少年が路上で話していたところ、顔を隠した男たちに銃で撃たれて死亡した。彼らの友人の20歳男性や、その場にいた19歳女性も銃で撃たれて重傷を負った。現場は麻薬取引の場所の一つで、少年たちは19歳女性の存在を知らないため、警察は女性は運び屋で真の標的だったのではと推測している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2013年12月17日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年12月17日  チリ大統領選でミチェレ・バチェレ氏が大統領に返り咲くことになったが、これで中南米には伯国のジウマ大統領、アルゼンチンのクリスチーナ大統領、コスタリカのラウラ大統領と4人の女性大統領が存在することになる。さらに中南米にはジャマイカのミラー首 […]
  • 東西南北2015年10月28日 東西南北  昨日27日は、ルーラ前大統領の70歳の誕生日だった。だが、そのタイミングで、三男ルイス・クラウジオ氏の企業にゼロテス作戦での捜査の手が伸び、自身の政権時の暫定令(MP)をめぐる連邦政府の関与も疑われる贈収賄劇が浮上した。さらに、その直前には、友人のジョゼ・カルロス・ブンライ氏 […]
  • ブラジル代表の対メキシコ戦で一喜一憂する国民(17日、ブラジリア、Foto: Fabio Rodrigues Pozzebom/ Agencia Brasil)2014年6月28日 W杯コラム=悲観的過ぎた開幕前の心配=誰も予想できない大会進行に=白熱した試合に世界が熱中  ワールドカップがはじまって2週間あまり。あとは決勝トーナメントを残すのみとなった。現時点ではまだ断言できないところもあるが、少なくとも現時点においては、W杯開催前に懸念された「ひどいW杯をやっている」という印象を幸いにも与えていないように見える。その要因となっているのは、 […]
  • W杯南米予選=第4節までが終了=レギュラー陣に新布陣台頭2015年11月19日 W杯南米予選=第4節までが終了=レギュラー陣に新布陣台頭  サッカーのワールドカップ南米予選は18日に第4節を終えたが、ブラジル・セレソンは現時点で勝ち点7、得失点差3で3位につけている。 第4節終了時点での順位は以下のとおりだ。1位エクアドル、2位ウルグアイ、3位ブラジル、4位パラグアイ、5位チリ、6位アルゼンチン、7位コロンビア、 […]
  • W杯南米予選=伝統の対アルゼンチン戦は=ブラジルが引き分けに持ち込む2015年11月17日 W杯南米予選=伝統の対アルゼンチン戦は=ブラジルが引き分けに持ち込む  12日に予定されていたが大雨で1日順延となった、2018年ロシアW杯予選アルゼンチンXブラジルの一戦が、13日にブエノスアイレスで行われた。 試合直前にはパリでの大規模テロ事件の速報も入り、犠牲者への黙祷で始まったこの試合、前半はアルゼンチンが完全に支配した。 メッシ、アグエ […]