ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2011年8月25日付け

 ペトロポリス市発行の文化観光誌には、2ページにわたる安見さんのインタビュー記事や文化祭の特集が組まれ、表紙には公式ロゴの「BUNKA-SAI」。「これは市が作ったんです。日本という文字がどこにもないでしょう」と安見さん。『文化祭』というと日本のものだという認識が浸透しているのだ。開催間近には地元テレビでも毎日のように報道、新聞には広告を半頁、4分の1のスペースで掲載されたというから、市の力の入れ方がすごい。
     ◎
 来月12日にサンパウロ市で開催される「ミス・ユニバース」に出場する日本代表を決める最終選考会が6月17日に行われ、神山まりあさん(24、東京)が選ばれた。東日本大震災の募金活動を行う中で人の温かさに触れたという神山さん、自身のブログの中で「こんなに素晴らしい国の代表になれたなんて、光栄です」と話している。スポーツの分野では、震災復興の姿を日本チームの活躍に重ね合わせて声援が送られることもあるが、美の競演にも同情票が集まる?
     ◎
 手ごろな値段でお洒落と女性に人気のスペインの大手服飾ブランド「ZARA」が、サンパウロ市内の工場で不法移民を含む労働者に非衛生的な環境の下、1日14時間もの長時間労働を強いていたことがブラジル当局の調べで発覚した。搾取企業としてブラックリストに載る可能性もあると聞く。イメージが命とも言える服飾ブランド、今後の行く末や如何に?

image_print

こちらの記事もどうぞ