ホーム | 日系社会ニュース | 麻州クイアバ市=初の七夕祭りを開催=州政府予算は10万レ

麻州クイアバ市=初の七夕祭りを開催=州政府予算は10万レ

ニッケイ新聞 2011年9月28日付け

 マット・グロッソ州政府が主催する『第一回七夕祭り(Festival do Japao Tanabata Matsuri)』が30日〜来月2日まで、同州クイアバ市のサントス・ドゥモン広場で開催される。
 昨年から、農業や牧畜が盛んで将来性がある同州との関係を強めたいとの考えで、在聖総領事館の大部一秋総領事が現地の日系団体に日本祭りなどのイベント開催を提案していた。
 同時期に宮城県人会が同州サンジョゼ・ド・リオクラ—ロ市の市長で、県系二世の渡辺パウロ氏の仲介で七夕祭りの実施を提案しており、今回の開催に至った。
 州側からも日本企業に熱心に投資を呼びかけるなど日本との関係強化に関心を示しており、同州のシコ・ダウトロ副知事は今年5月、ブラジル日本商工会議所の定例昼食会で講演も行っている。
 ブラジル中西部日伯協会(Associacao Nipo-Brasileira do Centro-Oeste do Brasil)が運営にあたり、在聖日本国総領事館、クイアバ市、同州議会、同州野球ソフトボール連盟、宮城県人会が後援する。
 州政府は10万レの予算を計上、5万人の来場者を見込んでいる。
 30日は午後7時〜10時半、1日は午後6時〜11時半、2日は午後5時〜10時半まで、カラオケ、太鼓、日本舞踊、三味線、よさこいソーラン、民謡、剣道や空手の実演、盆踊りなど50以上のプログラムが予定されている。
 その他各地域の日本料理が用意され、ミス・ニッケイコンテスト、コスプレ大会、生け花や折り紙の展示もある。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 大耳小耳2012年8月25日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2012年8月25日付け  24日付小紙でもお伝えした通り、今年で創設50周年を迎える長崎県人会。今年は長崎市とサントス市の姉妹都市提携40周年でもあり、記念事業の一環としてサントス市のムゼウ・ド・サーフィン(Parque […]
  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]
  • 本橋 幹久2015年1月8日 新年のごあいさつ 2 県連あいさつ文=日伯120年の絆=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋 幹久  新しい年2015年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 本年は「日本ブラジル外交関係樹立120周年」の節目の年に当たります。1895年に締結された「日伯修 […]
  • 2014年4月24日 サントス日本祭りに2500人=地元と共に食や舞踊で楽しむ ニッケイ新聞 2013年12月5日 サントス最大の日系イベント「第5回サントス祭り」が同日本人会(関谷アルシデス会長)により、11月30日から2日間、同会館で行われた。のべ約2500人が来場して、日本食などの出店、ステージの出し物、生花・書道のワークショップを楽しんだ。 同日 […]