ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2011年10月12日付け

 太平洋が陸地なら子供を背負って帰りたい—。後悔と郷愁のなかで生まれた移民哀歌も、現在、沖縄・那覇空港に立てば、過去のものと思わざるを得ないだろう。世界23カ国2地域からの県系人を迎える喜びの声が沸き起こっている▼今日12日、『第5回ウチナーンチュ大会』が幕を開ける。5年毎に人的財産である世界的ネットワークを構築しようと企画され、第1回大会(90年)には世界中から2397人、26年後の今大会は倍以上となる5181人が参加、5日間にわたり自らのルーツを確かめる▼今年8月、南米各地であった県人会周年行事を取材した沖縄タイムスの記者は「南米にこれほど沖縄を大事にしている人がいるとは」と驚き、「沖縄の情報を西語やポ語でもっと発信していければ」と〃片思い〃に気付いた様子だったが何のその。参加者らは父祖の地で迎えられた熱気を生涯忘れることがないだろう▼与那嶺真次・県人会長は講演を行ない、「苦しい時代をウチナーンチュ同士で助け合い乗り越えた。ゆとりのない無縁時代が進めば、チムグクル(思いやり)、ユイマール(助け合い)がさらに大事になってくる」と話している。国は違えど大事なことは同じ。海外で数世代を経た人間の口から、こうした言葉を聞く機会は沖縄の人にとっても大事だろう▼ブラジルからは1千人超が距離の遠さをものともしないウチナー魂を見せつける。ポ語ボランティアはわずか4人だそうだが、若い世代も多い。学んだ日本語や英語でより良い関係を作ることだろう。ルーツとの紐帯が強まれば、当地コロニアの力もまた強くなると願いたい。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 岐阜県人会総会、24日2019年2月6日 岐阜県人会総会、24日  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中2019年1月11日 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中  「新ウチナー民間大使」の瀬名波美恵子さんが沖縄文化普及活動の一環として、2019年度文化カレンダー「ウチナーグアー」を製作した。全1000部。同民間大使とは、沖縄との懸け橋として海外で活躍することが期待される人を認証する県の制度。  ラジオ・テレビ・ニッケイのアナウ […]
  • ■今週末の催し2019年1月10日 ■今週末の催し  12日(土曜日)  新春初生け、午後7時、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425)、日曜は午前10時から      ◎  映画鑑賞会、昼12時半、熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]