ホーム | 日系社会ニュース | コチア青年=盛大にマ・ゴルフ大会開く=コース設立者湯前氏偲び=130人が笑顔でプレイ

コチア青年=盛大にマ・ゴルフ大会開く=コース設立者湯前氏偲び=130人が笑顔でプレイ

ニッケイ新聞 2011年10月14日付け

 コチア青年連絡協議会(白旗信会長)は、先月19日にイタペセリカ・ダ・セーラ市郊外の田畑稔農場内にあるグランデ・サンパウロ・マレットゴルフクラブ(加藤恵久会長)で『第12回マレットゴルフ大会』を開催し、全伯の各クラブから130人が参加した。

 加藤会長、白旗会長をはじめ、イカロ・インスティトゥートの小川彰夫代表、パウリスタ・マレットゴルフ連盟から上村安治会長、参加した各クラブの代表も駆けつけた。
 上村会長は開会の挨拶で、「今日は晴天に恵まれた。日頃の成果を存分に発揮して頑張ってほしい」と激励の言葉を述べた。
 小川代表は、白旗さんがマレットゴルフのパイオニアであることに触れ、また「このグランデサンパウロのコースは故・湯前一秋さんの協力で設立された」と先没者にも哀悼の意を表した。
 前回の優勝者から優勝杯の返還があり、試合が開幕した。冗談を言い合いながら、和気藹々と2コース36ホールを巡り、昼食後は花卉、鶉の卵、みかんなど、有志による寄贈品の抽選で賑わった。
 午後は成績発表に先立ち、故・湯前氏の序幕式も行なわれ、妻京子さんを始め来伯していた弟家族も参加した。
 司会を務めた新留静さんが「湯前さんは、地主の田畑稔さんと一緒にゴルフ場の造成に汗を流したが、完成を見ずに他界された」と冥福を祈り、白旗、上村両会長もその功績を称えた。京子さんには感謝状が贈られ、湯前氏の長男シルビオさんが謝辞を述べた。
 カテゴリー別成績、および入賞者は次の通り(成績順に、5位まで。敬称略)。
 ▼エストラ=尾崎トシオ、山田ケンイチ、上村ヤスジ、トマベチ・サダオ、益田テルオ▼A組=志村アリセ、スヤマ・ハジメ、トビマツ・シンヤ、新留静、シケイラ・リシオ▼B組=西村エレナ、池田ミツオ、清水ノブマサ、西村ヒロシ、加藤ケイジ▼C組=コジマ・セルジオ、タケノウチ・ノボル、井上ヒサヒロ、コガ・ヨシヒロ、ムカイ・マサアキ、ホリタ・ミルトン。
 【ホールインワン賞】
 モリタ・ヒデノリ、イヌヅカ・ミツオ、ワカバヤシ・コウイチ、オガタ・ネルソン、ナカノ・マリオ【ニヤピン賞】(以下男女1人ずつ)セルジオ・コジマ、チヅコ・マスダ、【ロングドライブ賞】オガタ・ネルソン、カワカミ・リカ、【ベスト・グロス賞】オザキ・トシオ、ニシムラ・エレーナ。(沖野伊名木さん通信)

image_print

こちらの記事もどうぞ