ホーム | 日系社会ニュース | 在聖総領事館=31人が百歳バンザイ!=公邸でさらなる長寿願う=7人が元気な姿見せる

在聖総領事館=31人が百歳バンザイ!=公邸でさらなる長寿願う=7人が元気な姿見せる

ニッケイ新聞 2011年11月8日付け

 日本政府の2011年度の百歳表彰伝達式が1日、モルンビー区の在サンパウロ日本国総領事館公邸で行われた。管内該当者は男性12人、女性19人の計31人。受賞者7人が元気な姿で家族と共に出席し、7人が代理出席、約40人がさらなる長寿を願った。大部一秋総領事はあいさつで「住み慣れた日本を後にし、新天地で凛として風雪にたえた皆さんの姿が多くの子弟、後継者を育てた」と功績を労った。

 大部総領事から内閣総理大臣の祝状、栄子夫人から記念品の伝達が行われた。受賞者の名が読まれると、一人で歩く人、家族に付き添われて歩く人と様々。喜びのあまり祝状を読む人もいた。
 「神様がマンダせんからまだ生きてます」と豪快に笑うのは久山吉明(吉の上が土)さん(岡山)。杖をつきながらも、しっかりとした足取りで受け取った。
 邦字紙と地域紙を読むのが日課で大の釣り好きだという。1930年にカフェランジャに兄夫婦と入植、一年後にビリグイに移った。
 40年に帰国し結婚、再来伯後はスザノで暮らし、養鶏、レンガ製造など様々な職を経験した。
 「90歳までは朝3時に井戸水をかぶって目を覚まし、20キロ歩き、縄跳び200回をこなしていた」との鉄人ぶり。今は8人の子供と16人の孫、3人のひ孫に囲まれて過ごす。
 付き添った長男パウロさん(70)と長女トモエさん(66)は「健康でいてくれることが一番」と笑顔を見せた。
 「23年の関東大震災で家が焼けた。『ブラジルがいい』と聞いた親が移住を決意しました」と話すのは佐々木幸さん(神奈川)。29年にモジアナ線ブロドスキーに入植、家族6人でカフェ栽培に勤しんだ。
 33年に結婚し聖市近郊のマイリポランに移り住み養鶏を始め、夫が亡くなる76年まで続けた。現在子供7人、孫11人、ひ孫4人。一緒に住む末娘のエミリアさん(60)は「母は私より健康。買物に行く時は鼻歌も多いです」とお達者ぶりを語る。
 趣味は震災前に通った学校で覚えたオルガン。一日一時間は鍵盤の前に座るという。「毎年欠かさず正月と母の日、お盆には家族皆が集まる。これが一番の幸せ」と穏やかな笑顔を見せた。
 各家族で記念撮影をした後、毛利氏が乾杯の音頭をとると、出席者は食事に箸を進めながら歓談を楽しんでいた。

image_print

こちらの記事もどうぞ