ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2011年12月20日付け

 18日のFIFAクラブ・ワールドカップでバルセロナに惨敗を喫したサントス。ネイマールは既に2014年までのサントス残留を宣言しているが、今回改めて欧州サッカーの最高峰のレベルを体験したことで、心情のほどはさていかに?
     ◎
 聖市南部のパン屋、マリー・マドレーヌがイタリアからキロ単位の超大型パネトーネを輸入。一番の目玉は、切り取った部分に白板チョコでキリスト誕生の馬小屋と星を演出したオレンジ味で重さ3キロの一品で675レアル。クリスマス・イヴに大きなパーティをするなら試す価値ありかもしれないが、それ以前に持ち運びにひと苦労。
     ◎
 聖州アヴァレ市に、毎年恒例のサンタ登場—。〃サダム・ノエル〃の愛称で呼ばれるのは、06年に死亡したイラクのサダム・フセイン大統領に似た顎鬚(あごひげ)故にサダムという名前がついたパウロ・ロベルト・オリヴェイラさん。年中無休の再生資源ごみ回収者は、クリスマス前になると鬚を整え、赤い服を着て街に出る。行く先々の子供にアメを配る恒例行事には、お腹に赤ちゃんのいる奥さんや5人の子供も参加。暮らしは決して楽ではないが、家から飛び出して来る子供達や車を停めて挨拶してくれる町の人々の暖かい笑顔や抱擁に励まされて15年。名物サンタは今日もまた、沢山のアメを手に街に繰り出している。

image_print

こちらの記事もどうぞ